Moleskine Archive

Moleskine Archive

72人のノートブックユーザーによるNotebookers.jpという新しいサイトを立ち上げました

notebookers_logo1.jpg

Notebookers.jpという新しいサイトの管理人としてスタートすることになりました。
72人のノートブックユーザーで更新するサイトです。
この当サイトblanq_textで培ってきたものはとてもとても大きいのですがしばしの別れ。

今後、当サイトのノートブックに関連する更新はNotebookers.jpに掲載されます。

モレスキンのカレンダーについてもNotebookers.jpで引き続きUPしていきます。
当サイトblanq_textはちょっとお休み頂きます。
Notebookers.jpにて0からスタートしてみますね。

twitter-1.jpg

  • Comments (Close): 0
  • TrackBack (Close): 0

January 2012 Calendar for Moleskine

calendar2012_01_3D.jpg

2012年度01月分できあがりました、ご利用ください。

ポケット・サイズ http://bit.ly/vLLhQh

ラージ・サイズ  http://bit.ly/vsESCV

  • Comments (Close): 0
  • TrackBack (Close): 0

2012 モレポケカレンダー・プロジェクト始動!

昨年に引き続き、2012モレポケカレンダー・プロジェクトを開始します! 


毎年、モレスキンのポケット部分に入れることを想定した折りたたみのカレンダーをアーティストの方々とコラボして製作しているのですが、今年もコラボしちゃいます。昨年、ものすごい回数のダウンロードでした。好評につき今年もやっちゃいます

さてさて、そして今年も12人のアーティスト達が集まりました。
1月担当: @noa_ano_nao
2月担当: @hayatenokouji
3月担当: @spiderslab
4月担当: @minato_nozomu
5月担当: @midori9bin
6月担当: @hilomiokano
7月担当: @sadgirlxxx
8月担当: @lomonatura
9月担当: @maou_ji
10月担当:@chii_nakanaka
11月担当:@lordnakasy
12月担当:@twinkleyukari

以上、12人に2012年の各月のデザインを担当して頂きます!

昨年に引き続き参加された方、そして新たに加わったアーティストたちでつくります!

モレポケカレンダーが出来上がり次第、一人ひとり ご紹介させていただきますね☆
みんながそれぞれの月を担当するので、全員がそれぞれバラバラなカレンダーになる、ということが楽しみです。
モレスキンポケットに入るカレンダーなので小さなものなのですが、違いの楽しめるカレンダーができあがるのを楽しみにしていてください!

-----

業務連絡です。
各月の担当者向け告知です。

幅と縦のサイズが1: 1.36の比率になるデザインをお願い致します
わかりやすく言うと、幅が136mmであれば、縦のサイズは100mmになります。
ちなみにカレンダーにレイアウトする際に68x50mmまで縮小されます(けっこう小さいです)。
以上のサイズで「担当している月」をイメージしたグラフィック作成をお願いいたします。
画面真ん中に「各月を表す数字(8月なら8)」を見やすく配置してください。
「各月を表す英語表記(8月ならAugust)」を左下に配置してください。
「2012」を右下に配置してください。

ご自分での加工不可の場合はお気軽にタカヤ宛にお伝えくださいませ。

〆12/18 23:59まで

完成次第、mc@blanq.org宛まで送付願います(容量は大きなサイズでも受け取り可能です)。

補足:
各月を表す文字は、手描きでもCGでも可。
単色でもフルカラーでもモノクロームでも可。
可能であれば高解像度でお願い致します(手描きであればスキャナー画像、イラレやPhotoshopであれば*.aiもしくは*.psdでの元ファイルを、写真はRAWファイルでも*.psdでも、高解像度のJPGでも可能です)

iPhoneもしくは携帯のみの方は、都度ご相談くださいませ。

それぞれは小さなグラフィックであったとしても、これらの画像は遠くの誰かの心に強く残ります。あなたのグラフィックを遠くの誰かにゆだねてみましょ。ではでは、よろしくお願い致します☆ エンジョイ

  • Comments (Close): 1
  • TrackBack (Close): 0

大切な人々に会いに行く旅だったと思う

前にここで自分のモレスキンを撮影したのは雪がまだ残る5月だったかな。
モレスキン本2に著者としてデビューするというのを発表したときだった。

たった数ヶ月しか経っていないのに、以前撮影した写真と比べると、ずいぶんとノートブックの厚みが増したような気がする。最近、自分のノートは人に出会って影響を受けるほどに厚みを増していくことに気がついた。

モレスキンが厚みを増したのもあるけれど、非常に心強い相棒として「トラベラーズノート」を頂いたことが大きく自分に影響を与えている。
今のところトラベラーズノートは、レターライティングセットとして使い、定規やペンを収納するツールボックス的に使っている。お守りのように持ち歩いている。

「一日歩いた後は、靴の裏にその日のことばも音も色も全部くっついている」とどこかで読んだけど、この考え方が好きかもしれない。5月にこの場所から出発して、本日に至るまでに、様々な人たちに出会って、多くのものごとをくっつけてきた。それらは、人から頂いた紙片だったり、書いてもらったノートのページや、愛情のこもった手紙だったり、皆と訪れたショップのカードやイベント会場のフライヤーだったり、暖かなメッセージがぎゅっと詰め込まれた寄せ書きのノートブック数冊だったりする。これらの厚みを持ったズシっとした紙束を、普通に鞄にしまい込んで普段歩いている。そして、カフェに入って一人で引っぱりだしてはニヤニヤしながら眺めるのである。

春から秋にかけて人に出会って楽しんできたことが、こうしてノートブックに変化して積み重なっているのはすごい充実感が有る。自分が経験したことが目に見える形となって積み上げることができるというのはノートブッカーズのメリットである。
本日は頂いたモレスキンの中から数ページを紹介させて頂く。


DSC_0035.jpg

7/24 代々木公園にてモレ見1(花見のモレスキンイベントバージョン)
今年の夏はたっぷりモレスキンで遊んだ。文房具女子こと彩織さんが、7/24に代々木公園でやったモレ見の中でやった「モレスキンカーペット」をコラージュにしてくれた。すごい芸術的。(余談だが文房具女子こと彩織さんは冗談抜きでめんこい)。一番下の寝そべる俺の画像は、モレスキンのジャパニーズアルバムと背比べをしているところ(笑。行き倒れではない。ものすごい人数が参加して頂き、みなとハグを交わした。多くのモレスキンを一同に観ることができて圧巻だった。


8/20 もう伝説と言っていいと思う「関西 28時間耐久モレスキンミーティング」の最中に頂いた、関西のモレスキンユーザーの方々のメッセージがびっしりのモレスキン・カイエのノートブックと写真たち。それまで、モレスキンノートに寄せ書きしてプレゼントするという考え方が一切無かったので本当に驚いた。しかも中に書かれている言葉は、「モレスキンカウボーイにおすすめする本や映画や自分が愛する言葉たち」というのをテーマとして書かれており、本当に素晴らしいものだった。もらった瞬間鳥肌がたった。
自分が愛するものは強く他人に影響を与えることができる。


DSC_0055.jpg

関西の方々から頂いたメッセージの中から抜粋。
@treasure_tableさんの言葉。

「世界の果てへ ひとりで行く」

関西から帰る時にこの言葉を読んで、涙が出た。ことばというのは、背後で練り上げた見えないものが含まれる。見えるものは見えないものの終点である。ことばの「見えない経路」が伝わってきたこのときの気分は一生忘れないと思う。
大切な人たちに出会った帰り道。かなり寂しくなった。関西で体験したことは、自分に強く影響を与えていて、夏の暑い日に湖の水に飛び込んだ気分。息を止めて隣の世界まで一生懸命に泳いでいる。頭の上に燃える「炎」を目印に、荒れ地を歩いているような感覚。いまだにそんな気分がこの日以来ずっと続いている。


9/9 六本木でのダイヤモンド社主催のモレスキン本2の出版イベント。
自分が作ったステッカーをサプライズで配布したときの皆の驚愕する表情が忘れられない。事前に皆のテーブルの真下に貼り付けておいて、最後の最後にサプライズとして渡したのだ。
多くの方々に囲まれて写真を撮影。良い経験。モレスキン本に掲載された方々も多く参加し、皆がそれぞれ交遊することができた。著者と参加者や主催側も乱れて一緒に楽しめる素晴らしいイベントだったと思う。著者は、まったくといっていいほど豚しゃぶは食べれなかった(笑。


9/11 東京代々木公園にてふたたびモレ見2。
モレスキンミーティングの象徴であるモレスキンタワーの建設。モレスキンタワーとは何か?とよく質問される。たき火のようなものではないかなと思っている。本来、ノートブックは孤独に向き合う道具であるのだけど、多くの人が出会った時にそれはたき火のように皆の中央に鎮座し、心の内側に一致する象徴のようにそこに積み上る。そして、その象徴は何年経ってもみなの心の内側に強く残る。常に、こころの内側に一致するものを僕らは探している。それを「象徴」と呼ぶ。


9/11 東京モレミ2での出版されたばかりのモレ本2を芝生の上に並べた光景の彩織さんのコラージュ。ドーナツ型でめんこい。

この9/9のモレスキン本2出版イベントとモレ見2で彩織さんに出会えたことは非常に大きな出会いとなった。彼女のキラキラとした笑顔は、モレスキンとトラベラーズノートの架け橋になって、この後も大きなアクションにつながっていった。


10/29札幌でのモレトラナイト(モレスキンとトラベラーズノートのイベント)でなんとサプライズで誕生日メッセージがたっぷり書き込まれたモレスキンとトラベラーズノートを頂いた。思わず「いつのまに!」と声を上げてしまうほど、大切な人々のメッセージが書き込まれていて、これまた鳥肌が。


皆、素晴らしい言葉を書き綴ってくれていて、どれを読んでもぐっとくる。左側の道化師の裏側には堀さんが書いた"Stay Foolish"の言葉が。モレスキンカウボーイにぴったりの言葉ありがとうございます。モレスキンカウボーイは、荒野をぼろ布をまとって歩く愚者なんです。


こうしてトラベラーズノートに書き込まれたメッセージを読んでいると、不思議なことに、一夏を通じて旅をしてきたように感じる。それも、目的地へ行くことを目的とした旅ではなくて、大切な人々に出会う旅だったのだと思う。


↑旅の最中に出会った愛すべき二人。

ともひろさん(@tomohirogue)のにゃんちゅうと東城あかねさん(@akanetojo)さんのジャッキー。ともひろさんは、モレスキンを使うことで自分を変化させる旅を楽しむのが日本一の男。得意技はにゃんちゅうのモノマネ。
あかねさんは、非常に美しい方でそして中身もカッコいいお姉さんなのである。いつもお友達のジャッキーと都内のカフェでデートしている。なんとジャッキーのポシェットの中には自分専用の自作の小さなモレスキンを持っている。


ここには書ききれないほどの経験をした春〜秋だった。こうして旅をしてきて思ったこと。大切な人々に出会って、多くのものを頂いたことに対してこれからどのようにお礼を返して行こうかなと考えている。みなが楽しむ顔が観たくてね。来年も多くのものを皆と共有できたらいいなと思ってる。また皆とハグができたら嬉しい。また会いに行くぜハニー


  • Comments (Close): 0
  • TrackBack (Close): 0

7月から10月までのモレスキン・イベントの流れ

moleskine_cow_web.jpg

7月から10月までに主催や参加した激動のモレスキンフェスの流れはこんな感じ。

7/23-7/24@東京 1日目:ダイヤモンド社関係者顔合わせ、2日目:モレ見1@代々木公園
8/20-8/21@大阪京都 28時間耐久モレスキンミーティング(9次会くらいまでやった)
8/27@札幌 Lifehacking.JPの堀さんを札幌でお迎えしてのモレスキンミーティング
9/9-9/11@東京横浜 1日目:ダイヤモンド社主催モレスキン本2出版イベント@六本木、2日目:横浜トリエンナーレ~浅草ホッピー通りモレスキンミーティング、3日目:モレ見2@代々木公園
9/23@札幌 札幌在住のコラージュ作家のさんとコラボ「モレスキン・コラージュナイト」雑貨店i-houseさん協賛
10/28-10/30@札幌小樽 東京からモレスキンアーティスト ハヤテノコウジさん、トラベラーズノートを愛する文房具女子の彩り日和の彩織さん、ダイヤモンド・オンライン「第4回 モレスキンと個性」 パーソナリティであるノートブック 」でモレカウが書かせていただいた ちぃさんをお迎えしての旅「モレトラの旅(モレスキンとトラベラーズノートの旅)」をタンデムした。2日目にモレトラミーティング実施。

一連のモレスキンに関するイベントを主催したり、参加したりとジェットコースターみたいな感じで通り過ぎた感じがする。
イベントを通して、たくさんの人々とかかわり、たくさんのメッセージを頂いた。
みんなと一緒に撮影した記念写真を気に入って頻繁に眺めている。

様々なモレスキンユーザーの言葉で埋め尽くされた、関西で頂いたモレスキンと、誕生日に頂いたお祝いの言葉で埋められたモレスキンとトラベラーズノートは一生の宝物になった。

イベントを通じて、多くの人々の交友が始まって、大きなストリームになってひとつの炎が燃え上がっている。

kamitaba1.jpg

多くの方に関わることで、手紙やポストカードを書くことが日課となった。
毎日のようにどこかにこもっていろいろ書いている。封筒やポストカードを多数持ち歩いているので、カバンの中身は紙束でぎっしりになっている。

blogに書きたいことが山ほどあるんだけど、どうにも文章にするとなんだか違うような感じがして、うまく書けない。
相変わらずモレスキンをたずさえて、自由自在に生活してる。
写真は、先日、線をモレスキンにぶつけたくなって描いた牛の絵。書いた後すっきりした。

  • Comments (Close): 0
  • TrackBack (Close): 0

December 2011 Calendar for Moleskine

calendar2011_12_3D.jpg

2011年度12月分できあがりました、ご利用ください。 

ポケット・サイズ http://bit.ly/uhvtch

ラージ・サイズ  http://bit.ly/spIBop

  • Comments (Close): 0
  • TrackBack (Close): 0

November 2011 Calendar for Moleskine

calendar2011_11_3D.jpg

2011年度11月分できあがりました、ご利用ください。 

ポケット・サイズ http://bit.ly/ogHQto

ラージ・サイズ  http://bit.ly/q8oqIQ

  • Comments (Close): 0
  • TrackBack (Close): 0

October 2011 Calendar for Moleskine

calendar2011_10_3D.jpg

2011年度10月分できあがりました、ご利用ください。 

ポケット・サイズ http://bit.ly/oLogbF

ラージ・サイズ  http://bit.ly/ooQw93

 

9/9 ダイヤモンド社より「モレスキン 人生を入れる61の使い方」が出版されました。
Amazon:http://www.amazon.co.jp/dp/4478016089
公式サイト:http://moleskinebook.diamond.jp/

たっぷりと日本各地のイベントに出てきました。
短期間の間にたくさんの大切な人たちに出会いました。
たくさんのブログやサイトや広告でご紹介頂いています。

  • Comments (Close): 0
  • TrackBack (Close): 0

9/11 12:00- 著者3人大集合「モレ見2@東京」します

51ncg9ZXKfL._SL500_AA300_.jpg


[ この記事は、随時更新します ]

9/9追記:モレスキン本2著者(堀正岳さん 中牟田洋子さん 高谷宏記)3人大集合します!

3人そろうのは本当にしばらく無いと思いますので貴重な機会になると思います。

どうぞお越し下さいませ。※雨天は中止ですからね〜


はじめまして、モレスキンカウボーイのタカヤと申します。
札幌を始めとして、モレスキンに関するイベントをいろいろ主宰させて頂いております。
このたび、「モレスキン人生を入れる61の使い方」の著者として参加させて頂きました。
9/9のダイヤモンド社主催の豚組しゃぶ庵イベントに参加するため東京に行きます。
豚組イベントでお会いできない方にも顔合わせしたい!と思っておりまして、東京の代々木公園で花見イベントを実施します!

■日時:9/11 12:00~
■場所:代々木公園中央広場付近 芝生の上、木陰

先日、7/24にも東京でおこなったのですが、「モレ見」という花見のモレスキンバージョンイベントです。
名付けて「モレ見2」!
木陰で、寝っ転がってビール飲みます。お時間ありましたら、みなさん来てくださいませ。
もしも「モレスキン人生を入れる61の使い方」を入手している方がいらっしゃいましたら持ってきてくださいませ!(芝生で、モレ本2カーペットがやりたい!)
あと、前回やったときも思ったのですが敷物を持ってきた方が良いと思います。
木陰で寝っ転がりたい人は大き目の敷物を用意してください。

前回に引き続き、雨天時は思い切って中止します。
その場合、少人数で集まって近くでお茶することがあるかもしれません。
野外でのイベントのため不確定要素あるため予めご了承ください。

※途中会場移動の可能性もあり→あまりに暑い場合は、近くの別の場所に移動する可能性ありです。人数の集まり具合などを見て考えます。会場移動があった場合は、Twitterおよび本blogで告知します。

暑いことが予想されます。
熱中症の対策だけ、しっかりお願いします!

■問い合わせ:
担当:タカヤ
mail --> mc@blanq.org (←携帯に直なので、即返答可能です)
Twitter --> @blanq

イベント詳細:
■キャッチコピー:「モレ本2よりだんご」
■場所:代々木公園中央広場付近 芝生の上、木陰
■スペシャルゲスト:可能性有
■目印:ズボンのすそを膝までまくって、首からストラップ付きのモレスキンを下げたモレスキンカウボーイがニヤニヤしながら立ってます。片手にワイングラスを持っています。会った瞬間キザなセリフを一言つぶやきます。追いかけると逃げます。
■日時:9/11 12:00~(時間変更の可能性有)
■ 持ち物:モレスキン、持っている人は「モレスキン 人生を入れる61の使い方」、見せたい文房具、自分が座るシートや、自分の分の飲み物食べ物を持参してください。パワフルな人はクーラーボックス、テント、フリス ビー、一眼レフ、冷えピタシート、日傘、ビニールプール、浮き輪、缶ビール24本入り、かき氷マシーン、氷10Kg、バドミントン、サッカーボール、スイ カと木刀、ガスランタン、タープ、斧、熊の木彫り、金魚すくい、綿あめマシーン、焼きとうもろこし移動販売車、その他アウトドア的なグッズ大いに歓迎。
■服装:ビキニ推奨、男子は上半身裸だとツイキャスの視聴率が上がります。
■持ってきてはいけないもの:アツアツのおでん、
■内容:モレ見(モレスキン見ながら、お酒飲む)、モレスキンと一緒に人間ピラミッド、モレスキンを股間に挟んでダッシュ、モレスキンフラッグ。
■雨天時:思い切って中止

  • Comments (Close): 0
  • TrackBack (Close): 0

8/27 19:00- iPhone情報整理術やEvernote本の堀正岳さん参加のモレスキンミーティングやります!

iPhone情報整理術やEvernote本の堀正岳@mehoriさん参加のモレスキンミーティングやります!

日時:8/27 19:00-
場所:カフェ・サーハビー
北海道札幌市中央区南3条西1丁目3-3マルビル1F
TEL & FAX : 011-596-0235 OPEN : 11:30~22:00(LO 21:30)

モレスキンユーザーもしくはライフハックな参加希望の方ご参加お待ちしております☆ 参加表明は mc@blanq.org もしくは@blanqへこちらの記事へのコメントでもOKですよ

  • Comments (Close): 0
  • TrackBack (Close): 0

September 2011 Calendar for Moleskine そして、8/20の関西第4回モレスキンミーティングに参加してきます!

  • Posted by: タカヤ
  • 2011年8月17日 23:36
  • Moleskine

calendar2011_09_3D.jpg

2011年度09月分できあがりました、ご利用ください。 

ポケット・サイズ http://bit.ly/r9Vxxn

ラージ・サイズ  http://bit.ly/offBYX


さて、8/20の関西第4回モレスキンミーティングに参加してきます!
日時:8/20 午後1時~梅田周辺、午後6時~心斎橋周辺(途中参加、途中退席は自由)
関西在住の方で、モレスキンにご興味ある方であれば楽しめると思います。
参加希望の方がいらっしゃいましたら、Twitterで@mocchipuyoさんまでご連絡どうぞ!

carpet.jpg

7/24 東京のモレスキンミーティング「モレ見(花見風モレスキンミーティング)」での風景。
モレスキンミーティングは、だいたい、このようなことをして遊ぶ感じです。

 

sai.jpg

最近お気に入り、デューラーのサイのスケッチ。

  • Comments (Close): 0
  • TrackBack (Close): 0

クリスマスモレスキン@東京 代官山 終了のお知らせ

meetpie.jpg

お店のお盆休みにより、8/14(日)で終了致しました!

足を運んで頂いたみなさん、ありがとうございました!!

つぎは、関西に行きます!!

------

先日、ロンドンとイタリアを旅してきたクリスマス・モレスキンは、
7/17(日) より、東京の代官山のカフェ「dessert bar F」さんで、再スタートしています。 

実は先日7/23の昼間に遊びに行ってきました!
いやー楽しかった、すばらしいお店です。
美しいパティシエの方のお店です(店主のトークも面白いw)。
デザートバーといってカウンターのお店ですが、デザート以外の軽食も可能です。
店内のオーブンで焼いたミートパイおいしかったです!キッシュも気になる!
男一人でも気軽に立ち寄れますので、ぜひ行ってみてください。

あらゆるオーダーをこなす神の手を持った彼女のスイーツを食べながらクリスマス・モレスキンをお楽しみください。もちろん見に行くだけでもOKですよ。
いつか「モレスキン型ケーキ」を注文するときは、必ず彼女に頼もうと思います。

ぜひ、東京にいる間に、クリスマス・モレスキンに会いにきてください。

店名:[ dessert bar F ]
住所:〒150-0033東京都渋谷区猿楽町29-10 ヒルサイドテラスC棟1-F
Tel&Fax:03-3476-0357
営業時間 :日・火・水 11:30~19:00(18:30 LO) 木・金・土 11:30~23:00(22:30 LO) 月曜日定休

経緯:
2010 11/2~11/20 @札幌[cafeサーハビーさん]
2010 11/23~12/11 @岡山[おうちカフェ bonbonchaさん]
2010 12/15~1/10 @大阪[東欧を旅する雑貨店 チャルカさん]
2011 1/16~2/7 @東京 下北沢[まるさんフーズさん]
2011 2/19~3/6 @兵庫[Frame*さん]
2011 4/6~4/10 @ロンドン.UK [モレスキナリーJP管理人 ロンドンのYOKOさん宅]
2011 4/12 @イタリア ミラノのモレスキン本社到達!
2011 7/8~7/11 @札幌[cafeサーハビーさん]
2011 7/17~ @東京 代官山[dessert bar Fさん]


現在のクリスマスモレスキンの位置:


大きな地図で見る

  • Comments (Close): 0
  • TrackBack (Close): 0

MPCプロジェクト参加者紹介!7月担当:ことりさん

  • Posted by: タカヤ
  • 2011年7月25日 15:48
  • Moleskine

モレポケカレンダーの各月担当者の紹介です。
今回は7月担当のことりさんです!

大阪にお住まいのことりさんは、読書を趣味とされています。
彼女は普段の生活の中で、四季の移り変わりを感じたり、緑の濃密な匂いを味わったり、夜空の星を眺めることを大切にしています。
自宅のベランダの近くに机を置いて、モレスキンに「ことば」を書き留めています。
読書の最中や自分の周囲から、紅茶のように抽出したとろりとした「ことばたち」は短い一節であるにも関わらず、彼女のモレスキンやTwitterでいつも飴色の光を放って、きらきらと輝いています。
水彩の絵の具を水で溶かして、心の中にじわりと淡く置いた「にじみ絵」のような感覚を持った方です。
Twitterではすっかり彼女のファンです。

 ----

07kotori.jpg

NAME: ことりさん
担当:7月

Twitter: http://twitter.com/#!/kotori1982

「みなさまこんにちは。
モレポケカレンダー7月のデザインを担当させていただきました、ことりです。

ベースの淡い水色は、浜辺に流れ着くシーグラスやソーダアイスをイメージしました。
真っ白にのびるストライプは夏の日差し、ちらりと覗くレース模様は少女の着ているワンピースの裾。
そして夜空にきらめくたくさんの星。
7月の、好きな景色を少しずつコラージュしました。

子どもの頃からずっと、《書くこと》が私の日々の真ん中にあります。
モレスキンに出会い、そこから広がり続けている世界や人との繋がりは、書くことを大切にまもり、積み重ねてきたご褒美なのかもしれません。

これからも、まばゆく儚い日々をノートに採集していきます。
『私の紡ぐ言葉が、うつくしい波紋となってたくさんの人に届きますように。』
七夕の夜にそっと、お願いしました。

タカヤさんとの出会いは私の宝ものです。
素晴らしい企画に参加させていただき、ありがとうございました」


ことりさんのモレスキン画像1


ことりさんのモレスキン画像2


ことりさんのモレスキン画像3

  • Comments (Close): 0
  • TrackBack (Close): 0

Moleskine Skechers !

  • Posted by: タカヤ
  • 2011年7月19日 23:23
  • Art | Moleskine

ここ数日間モレスキンを小さなスケッチブックとして集中して使ってみました。
だいたい自分のモレスキンの片側半分(右脳部分)はこのような感じで埋まっていきます。
数日間で描いたイメージの連鎖をアップします。
これらは、考えごとの記録です。
スケッチとは世界を採集すること。ようするに「文字」もスケッチとして使用しています。


"crown"


"cow"


"おおいぬ座"


"オリオン座"


"「天が落ちてきて、人々はかがんだまま生活しなければならなくなった」 すり鉢上の世界・空洞世界・象が支える世界"


"スペインの旅行会社のポスター"


"Unicorn"


シャガール "青いサーカス"


"Halida beer"


"Elephant Stool"


"police & dog"


"two women"


"馬と仮面"


ホッパー "Night Window"


"Octetra"

  • Comments (Close): 0
  • TrackBack (Close): 0

August 2011 Calendar for Moleskine

  • Posted by: タカヤ
  • 2011年7月19日 23:21
  • Moleskine

calendar2011_08_3D.jpg

2011年度08月分できあがりました、ご利用ください。

ポケット・サイズ
http://bit.ly/nNAxsH

ラージ・サイズ
http://bit.ly/q5ASOo

  • Comments (Close): 1
  • TrackBack (Close): 0

7/24 14:00- 「モレ見@東京」します

7/24 14:00~ (←確定です!
東京に行く機会がありまして、「モレ見」します。
花見のモレスキンバージョンです。
木陰で、寝っ転がってビール飲んでいるので、みなさん来てくださいませ。
途中会場移動の可能性もあり→あまりに暑い場合は、近くの別の場所に移動する可能性ありです。人数の集まり具合などを見て考えます。会場移動があった場合は、Twitterおよび本blogで告知します。

とっても暑いことが予想されます。
熱中症の対策だけ、しっかりお願いします!

■問い合わせ:
担当:タカヤ
mail --> mc@blanq.org (←携帯に直なので、即返答可能です)
Twitter --> @blanq

■キャッチコピー:「モレよりだんご」
■場所:代々木公園中央広場付近 芝生の上、木陰
■目印:短パン半袖のモレスキンカウボーイがモレスキン持ってニヤニヤしながら立ってます。
■日時:7/24 14:00~(時間変更の可能性有)
■ 持ち物:モレスキン、見せたい文房具、自分が座るシートや、自分の分の飲み物食べ物を持参してください。パワフルな人はクーラーボックス、テント、フリスビー、一眼レフ、冷えピタシート、日傘、ビニールプール、浮き輪、缶ビール24本入り、かき氷マシーン、氷10Kg、バドミントン、サッカーボール、スイカと木刀、ガスランタン、タープ持参。アウトドア的なグッズ大いに歓迎。
■服装:ビキニ推奨
■持ってきてはいけないもの:アツアツのおでん
■内容:モレ見(モレスキン見ながら、お酒飲む)、モレスキンと一緒に人間ピラミッド、モレスキンを股間に挟んでダッシュ。

■問い合わせ:
担当:タカヤ
mail --> mc@blanq.org
Twitter --> @blanq

  • Comments (Close): 0
  • TrackBack (Close): 0

クリスマス・モレスキン@代官山スタート

  • Posted by: タカヤ
  • 2011年7月17日 23:21
  • Moleskine

7/17(日) より、東京の代官山のカフェで再スタートしました。
美しいパティシエの方のお店です。
あらゆるオーダーをこなす神の手を持った彼女のスイーツを食べながらクリスマス・モレスキンをお楽しみください。もちろん見に行くだけでもOKですよ。

moleskinerie.jpの管理人YOKOさんの、この動画は皆さんご存知でしょうか?
http://bit.ly/nYBgJT
この動画の最後の笑顔のワケを知りたい方は、最初からクリスマスモレスキンをじっくり読んでみてください。ちょっとハッピーになりますよ。

なんと札幌の簪(かんざし)作家の方の作成のクリスマス・モレスキン専用のかんざしもセットに旅をすることになりました。

ぜひ、クリスマス・モレスキンに会いにきてください。

    住所:〒150-0033東京都渋谷区猿楽町29-10 ヒルサイドテラスC棟1-F
    Tel&Fax:03-3476-0357
    営業時間 :日・火・水 11:30~19:00(18:30 LO) 木・金・土 11:30~23:00(22:30 LO)月曜日定休


大きな地図で見る

  • Comments (Close): 0
  • TrackBack (Close): 0

MPCプロジェクト参加者紹介!6月担当:せいのゆかさん



モレポケカレンダーの各月担当者の紹介です(遅れてました、すみません)。
今回は6月担当のセイノユカさんです!

セイノユカさんは、札幌市内でライブペイントなるものを行っているペインターの方です。
LIVEペイントというのは、観客が見ている目の前で絵を完成させていくというLIVEのことです。

セイノさんとモレスキンカウボーイの出会いはちょいと面白い話があります。

行きつけのすすきののカフェ 「musica hall cafe」のカウンターでマスターと話していて、
「最近観客の目の前でドローイングをリアルタイムで行うすごい画家の人を見た!」という話をモレスキンカウボーイがしたところ、「タカヤさん、となりに座っている人がそうですよ!」と隣を見るとちょこんと座っていた女の子がいました。
さっそくお話を伺って、彼女が持っていたiPadで作品をいろいろ見せて頂いたところ、なんと自分が話していたLIVEペインターの人そのものであることが判明!あの日はかなり興奮しました。出会うべく出会った人という感じです。

彼女の絵は本当にすごいですよ。フレームの中で生き生きとしています。
彼女がLIVEのときに見せる「絵」に対する表情がとてもいいんです。
キャンバスを見つめている視線にどきどきしました。
LIVEの様子は彼女のサイトで見ることができますよ!

 ----

NAME: セイノユカさん
担当:6月

Twitter: http://twitter.com/#!/noise_y
Web: http://noisecastella.jugem.jp/

「どうもこんにちはセイノユカともうします。
油彩を中心にライブペインターとイラストレーター、デザイン、
会場装飾やペンキ塗りまで最近はなんでもしています。

音楽と料理と動物とおもしろいものが好きで、
メモ帳片手にいろんなところを飛び回っています。

ひょんなきっかけでカウボーイに出会い、ナイスなタイミングでカレンダーのお知らせをいただいたので参加させていただくことになりました。
6月の梅雨明け空にかかった虹が悲しい出来事が多くてうつむいてしまったあなたの心に届きますように」

ご連絡はこちらから seinoyuka@gmail.com 



seino01


seino02

seino03

seino04

seino05

seino06


  • Comments (Close): 0
  • TrackBack (Close): 0

モレスキン専用ペンを使って、モレスキンのスピードをUPする

  • Posted by: タカヤ
  • 2011年6月18日 11:19
  • Moleskine

moleskinepen.jpg

新しく発売になったモレスキンの専用ペン0.7mmを使ってみた。
(とある方からこちらのペンを頂きました!本当にありがとうございます☆)

書き味は、LAMY SwiftやTipoやdialog2に搭載される世界最強のリフィールM66の芯と非常に書き味が似ている。モレスキンの紙にのせて文字を書いたときに、ひじょうに滑らかにインクが出てくるので、頭の中で考えたことをさえぎらない感覚がとても良いと思う。

さて、このモレスキンのペンを使ってみて気づいたこと。
ハードカバーのモレスキンの表紙にぴたっと取り付けることができるので、ペンフォルダーのデザインとして非常に完成している。ただ使っていて一つだけ気になったのが、書き始めるときや書き終わった後に「ゴムバンドの開け閉め」がなんとなくひと手間かかるような感覚があるということに気がついた。
このペンはモレスキンの表紙の右端に設置されるため、ゴムバンドをするときに、ペンをまたいで越えるような感じでゴムバンドをしなければならないので、ここが一手順多いような感じがしてしまうのである。自分にとってモレスキンを使う上で、「思考をさえぎらないこと」がとても大切。脳からWrite downするときに「思考を遮られるような感覚」を極力少なくするということがモレスキンカウボーイの使い方のTipsの一つ。以前にモレスキンカウボーイのモレスキンハックの記事でも書いたけど、開いた時にモレスキンの方向を特に気にせず書き込むのも、実はそういう理由から行っている。

さて、そこでFlickrなどで海外のモレスキンユーザーの使い方を見ていて気づくことなんだけど、モレスキンのゴムバンドをしおり代わりに使っている人が非常に多いことに気づく。つまり、ゴムバンドをしおり代わりにすることで、モレスキンをパッと開いた段階で、新しく書き込むページを開けるので非常に便利なのである。しかも片手で開けるという最大のメリット有。

今まで、自分の場合モレスキンを使う場合は丁寧にゴムバンドを書くときに外し、書き終わったらゴムバンドを留めて・・・とやっていたのだけど、このペンを取り付けたことをきっかけに、この「ゴムバンドしおり形式」を適用してみたところ、このペンの恐るべき性能に気がついた。

hiraitatokoro.jpg

1.まず、モレスキンの最新ページにゴムバンドをしおり代わりに留める。


2.モレスキンの表紙にモレスキン専用ペンを設置。ゴムバンドはしおりとして使っているので、表紙には留めていない。


3.モレスキン専用ペンを引き抜く。

 

4.モレスキンをパッと開くと、そこには最新ページがあるのですぐに書き込むことができる。

5.ひょいと閉じる。

6.ペンを表紙にカチッとはめ込む。このペンはフォルドしている状態で抜き差しが簡単にできる。


この方式のすごいところは、開いたり、閉じたりという手順が「数秒以内」でできること。
モレスキンを開いて書き出すまでのほんのわずかな時間が、考えたことをトレースするのに大きく関連している。
そして、このペンが優れているところは、モレスキンを片手で持って、もう一つの手でそのまま抜き差しができる最善の方法が想定されており、その思考を妨げない工夫がされているということに気がついた。ペンをキャップに差し込んだときのカチッと入る音が何かイイ予感がする。

モレスキンカウボーイの特技で、服のポケットに必ずLAMY Picoを忍ばせており「モレスキンを数秒で取り出して書き出すこと」を得意としているのだけど、このモレスキン専用ペンを併用することでさらにスピードが早まりそう。

  • Comments (Close): 2
  • TrackBack (Close): 0

July 2011 Calendar for Moleskine

  • Posted by: タカヤ
  • 2011年6月18日 10:55
  • Moleskine

calendar2011_07_3D.jpg

2011年度07月分できあがりました、ご利用ください。

実は最近macユーザーになりまして、macbook proを愛用してます。
mac楽しすぎる!片手でひょいひょいいろいろ操作できる感覚がとてもいいなー。

さて、ただいまモレスキン本2の執筆の真っ最中です。
スケジュールはかなりシビアで、裏側ではヒーヒー言ってますが、実は楽しんでやってます!
この執筆は、遠くの誰かが持っている「孤独の世界」に触れているような感覚で書いています。
モレスキン本2ちょっとすごいことになりそうです。とても、情熱を込めてます。

ポケット・サイズ
http://bit.ly/jH2JAg

ラージ・サイズ
http://bit.ly/in9tgU

  • Comments (Close): 0
  • TrackBack (Close): 0

MPCプロジェクト参加者紹介!5月担当:みどりさん

モレポケカレンダーの各月担当者の紹介です。
今回は5月担当のみどりさんです!

みどりさんは、絵描きさんであり、「絵てがみ教室」の講師でもあり、
ギャラリーのお手伝いをされている方です。個展も時々開催されています。

みどりさんが描かれる絵には、
植物のイメージや浮遊感あるキャラクターがカラフルに描きこまれます。
5月の暖かな黄金の光のなかで成長する植物達、かろやかに浮遊する世界。
その視点は、子供達がその季節ごとに感じている「感覚」に向けられている気がします。

画家の暖かな視点は、ギャラリーを訪れた子供達の視点でもあるのかもしれません。

 ----

5midori.jpg

NAME: みどりさん
担当:5月

Twitter: http://twitter.com/#!/midori9bin
Web: http://ameblo.jp/tukurinbo/

「はじめまして!5月を担当させていただいた佐々木みどりです。
私は普段イラストを描いています。
キャンバスやハガキサイズに描く事が多い私がモレスキンに出会ったのは、
2006年に偶然行った書店で見たモレスキンに絵を描いている方たちの展覧会でした。

元々0号のスケッチブックで似たような事をしていたので
すぐにモレスキンを購入して絵を描くようになったのが私のモレ・デビューです。
それからは個展の時にテーブルの上に絵を描いたモレスキンを置いて自由に見てもらったりしています。

そぉ!モレスキンの中の絵も私には作品なんです♪
今はギャラリーでお手伝いしているのでギャラリーに遊びに来た子供達にも私のモレスキンに絵を描いてもらったりしています。

子供達の絵は迷いがなくて、とてもカワイイ!
私もずっとモレスキンの中で遊ぶように楽しんでいきたいと思います」

midori01.jpg

私が使っているモレスキンたち(ポケットとルールド)
手前のイラストが描いてあるのがスケッチブックで普段絵を描いているものです。
他はスケジュールやユビキタス的なもの。

midori02.jpg

初めてモレスキンを買って、初めて描いた絵です(2006年6月)

midori03.jpg

ギャラリーに遊びに来る子供(6歳)が描いてくれた「私」です

midori04.jpg

一番最近描いた絵です(2011年5月)

  • Comments (Close): 0
  • TrackBack (Close): 0

June 2011 Calendar for Moleskine

  • Posted by: タカヤ
  • 2011年5月18日 23:22
  • Moleskine

calendar2011_06_3D.jpg

2011年度06月分できあがりました、ご利用ください。

モレスキン本2の著者としてデビューします。
改めて、モレスキンカウボーイをよろしくお願いします。
Twitterでは、毎日たのしくモレスキン・ツイートを連発しています。
モレスキン本2に関連するツイートもしていますので、どうぞお越しください。
http://twitter.com/#!/blanq

モレスキン本2投稿現在受け付け中!
投稿はこちら:http://bit.ly/jbDDJ6
公式サイトはこちら:http://bit.ly/j5ioAi

モレスキンの投稿は、玄人のものだけを求めているわけではなくて、
使い始めたばかりの人が「試行錯誤してモレスキンを楽しむ行程」を
投稿していただけるというのも、とても嬉しいです。
つまりあなたの物語や人生に上手も下手も関係ないんです。
あなたの投稿をお待ちしています。

ポケット・サイズ
http://bit.ly/mwwVvF

ラージ・サイズ
http://bit.ly/iUHh3S

  • Comments (Close): 0
  • TrackBack (Close): 0

「モレ本第2弾」の著者としてデビューします!

  • Posted by: タカヤ
  • 2011年5月10日 08:10
  • Moleskine
 

DSC_0115.jpg

今年もモレスキンカウボーイとして面白い話題が提供できそうです。

昨年、2010年に発売となり、現時点で5万部となった『モレスキン「伝説のノート」活用術』(通称モレ本→公式サイト)。昨年発表されてから、かなりビジネス書籍で話題となり、そして現在もロングセラーとなっています。なんとですね、ついに第2弾発売が決定しました!

 

モレスキン本第2弾について

仮タイトルは、『モレスキン 自分の人生を入れる100通りの使い方』。
前回と同様に、地球の歩き方やビジネス本やノート本の関連で有名なダイヤモンド社から出版されることが決定しました。

引き続き、日本のITやライフハック界に多くの影響を与え続けている超人気サイトLifehacking.JP堀さんと、世界のモレスキン・ユーザーを毎日更新で紹介されているMoleskinerie.JP中牟田洋子さんに加わって、なんと!

「モレスキンカウボーイ」こと、高谷宏記が著者デビューすることになりました

このことは、本当に本当にうれしいことでした。
(このことがどれくらい嬉しかったのか?
僕のTweetを普段見ている方ならきっとわかってくれるはず。
後日、たっぷりと語らせていただきます)。


イタリアのモレスキン社と日本の総合代理店カファの協力のもと制作していきます!
そして前回に引き続き、ダイヤモンド社の日本一ノート本を売った経歴を持つ
スゴ腕編集者の担当:市川さんが担当! まさにドリームチームに参加できて嬉しい(笑。

今回のモレスキン本の特徴についてお伝えします。
以下は、ダイヤモンド社の市川さんより頂いた情報です。

(1)ユーザーの様々な使い方を多数紹介すること
(2)ライフスタイルに組み込まれたモレスキンを紹介すること
(3)読者のモレスキンを投稿形式で紹介すること
(4)オールカラーであること
(5)著者にカリスマモレスキンユーザーが加わったこと ←ココ注目

もちろん「オールカラー」で、
さまざまなバリエーションのモレスキンをたっぷりと紹介していくさせていただきます!
さらに、今回は国内だけでなく、海外のユーザーの使い方もたくさん紹介させて頂きます。
とても希少価値の高い一冊になると思います。

ここのBlogを訪れている方・もしくは僕のTweetをご覧になっている方なら伝わると思うのですが、
モレスキンは「面白いあなた」を書き写すことができるということについて気づいている方が多いのではないでしょうか?
このモレスキンというノートブックの中では、誰もが同じような使い方をしていないのです。
同じあなたがどこにもいないように、全てのノートブックはそれぞれが個性を持っています。

このモレスキンという「ノートブック」が、あなたの人生にそのノートがどのように関わっているのか?もちろん、格好がよくなくてもいいんです。
この点が、今回のモレスキン本においてもっとも重要な部分となります。

そこでですね、今回のもっとも「重要な部分」にみなさんも協力頂けないかなと考えています。
今回のモレスキン本のもっとも大きな特徴が、
内容の一部を「モレスキンユーザーからの投稿形式で構成」することなんです。

モレスキン本2に掲載するために、あなたのモレスキンをぜひ投稿してください!
自分のノートを多くの人に見てもらいたいという方は、以下からぜひご応募ください!

「あなたのモレスキンを見せてください。」
応募の詳細はこちらまで
日時:2011年5月10日~6月5日24時締切

投稿ページ: http://bit.ly/jbDDJ6


百年の孤独はあまり見ませんが、「5分間の孤独」は日々の中では頻繁に繰り返されます。
僕は、あなたが日々の「5分間の孤独」の際に書き留めた「面白いあなた」について知りたいと考えています。

そして、自分が大好きなものについて、自分の言葉でそれが大好きだと語るとき、その言葉は必ず誰かを救うと考えています。あなたのモレスキン・ノートブックについて語ってみませんか?
そして、遠くの人に伝えてみませんか? 投稿お待ちしております。

IMG_9428.jpg

参考例: 「わたしのモレスキンは肉まんを持ち歩く時に便利です!」

投稿例、俺も書いてみますね!もう少々お待ちを!

 

モレ本2公式サイト(出版に向けて、随時情報更新されます!)
http://bit.ly/j5ioAi

モレ本第2弾facebookページもできました!
http://on.fb.me/mipL9d

 

----

最後に、

初めて訪れた方もいらっしゃると思いますので自己紹介させて頂きます。

タカヤ・モレスキンカウボーイ 

NAME: 高谷 宏記 (通称:モレスキンカウボーイ)
URL: http://www.blanq.org/text/
Twitter: http://twitter.com/#!/blanq

高谷宏記プロフィール:
1974年札幌生まれ。モレスキンを通じた生き方・哲学・思想について語りつくすBLOG "blanq_text" 管理人。世界一モレスキンについてTweetする男・通称「モレスキン・カウボーイ」として活動。拳銃の代わりにモレスキンを開くきっかけ「モレスキン・トリガー」という思想を武器に、情報(ネタ)の弾丸を発射している。モレスキンを通じたユーザーイベントも実施。本業はグラフィック・デザイナー。決めゼリフは「ハニー」

  • Comments (Close): 4
  • TrackBack (Close): 0

MPCプロジェクト参加者紹介!4月担当:MOMOMgaさん

モレポケカレンダーの各月担当者の紹介です。
今回は4月担当のMOMOMgaさんです!

ももんがさんは、なんとダイバーです!
モレスキンでログブック(潜水記録帳)をつけ始めたとのこと。
まだ知らぬSecret Of The Sea を書き留める ももんがさんの日々。

花曇で桜色に霞む空のような、パステルの軽やかなトーン。
幼い頃に見た新学期の頃の空を思い返した光景。そして今、日々船上で見る海。
過去の空と現在の海。
今、ももんがさんの眼には、海と空が接合する水平線が見えているのかもしれません。

 ----

MOMOMga4.jpg

NAME: MOMOMgaさん
担当:4月

Twitter: http://twitter.com/#!/MO2Mga

「こんばんは、ももんがです。プロフィールだなんて、ドキドキしますね。
じゃ、始めますよ。

はじめまして、ももんがです。
気が付けばもう四月、いつのまにやらさくらが咲いて、散って、今は新緑が眩しいですよね。
このカレンダーは三月が終わってページをめくる時の、
新学期の青空とさくらを思い浮かべて描きました。

小さい頃は毎日絵を描いて過ごしていましたが、
大人になってから滅多に描いていません。
この時は固形水彩・色鉛筆・パステル、
眠っていた画材を久々取り出して、
出勤前に冬の朝日の中で写真を撮って、札幌に送信しました。
懐かしいなぁー、とても楽しかったです。

こたびの地震で、(今私も揺れながら書いていますが)
つらい苦しい思いをされている方も多いと思います。
けれど季節が移ろうように、あなたにもいつか必ず春が来ますから!
次に明日に繋げて行きましょう。(と自分にも言い聞かせ)

カレンダー、クリモレ、モレスキン・カウボーイに感謝です」

  • Comments (Close): 0
  • TrackBack (Close): 0

May 2011 Calendar for Moleskine

  • Posted by: タカヤ
  • 2011年4月19日 23:07
  • Moleskine

calendar2011_05_3D.jpg

2011年度05月分できあがりました、ご利用ください。

クリスマス・モレスキンは、イタリア本社に到達しました。
まとめ記事はこちらをどうぞ
http://bit.ly/g47Ook
まだまだ旅は続きます。さてさて、次の展開は?お楽しみに。

そうそう、Facebook始めました!
http://www.facebook.com/molecow

 

ポケット・サイズ
http://www.blanq.org/test/moleskine/calendar2011_05.pdf

ラージ・サイズ
http://www.blanq.org/test/moleskine/calendar2011_05_L.pdf

  • Comments (Close): 6
  • TrackBack (Close): 0

モレスキンカウボーイの複数使いハック!

  • Posted by: タカヤ
  • 2011年4月 3日 22:51
  • Moleskine

 

先日、Twitterにて「複数のモレスキンをどのように使い分けているのか書いて欲しい」とリクエストがあったので書いてみる。

モレスキンを使い始めた最初の頃は、モレスキンを1冊単体で使っていたのだけど、使い慣れてくると不思議なもので数冊に渡って併用するようになってくる。大体において、メインであるモレスキンから派生して、他に書きたい項目が増えてくることが理由にあると思う。



モレスキンカウボーイは、3冊同時に利用している。

使い方として、大きく分けると
■スクエアード・ポケット(写真中央):ご存知モレスキンカウボーイの武器「右脳左脳モレスキン
■デイリー・ダイアリー・ポケット(写真左上):日々の考え事を書き留める日誌
■モレスキン・ルールド・ラージ(写真右上 / パックマン・エディション):プロジェクトおよび勉強ノート


大半の人に、カバンの中身を見せると驚かれる。似たようなノートが(しかも、ズシっと重そうなノートが)鞄の中に3冊ごろごろと入っている光景というのはとても奇異にうつるようである。そのたびに、なんでそんなに同じノートが必要なの?と聴かれるので、そのたびに「ほら、大好きな人には何度もキスしたいのと同じことだよ」と一言つぶやいてから唇を奪っている。
※この技は、モレスキンに限らず文房具について「そんなに持っててどうするのよ?」と女性に言われた際に利用することができるので、男性諸君はモレスキンにメモしておいてください。

 

さて、詳細について語っていこうと思う。

モレスキン・スクエアード・ポケット

DSC_0177.jpg

最初の頃はもちろん1冊しか持ち歩いていなかった。
これは、今で言うとメインとなる1冊「スクエアード・ポケット(写真上)
前にBLOGで書いたんだけど、モレスキンカウボーイ特有のご存知「右脳左脳モレスキン」として利用している。

この1冊はここ数年、真ん中から分けて、左右の方向に進んで書いていき、左側を左脳的な内容(言語・数字・Todo・スケジュール関連)を書き込み、真ん中部分にマンスリーのカレンダーを配置、右側を直感的なアイディア・現場で取るメモのようなスケッチ・ブレストなどを書き込んでいる。このモレスキンが生活に一番密着しており、必ずすぐに取り出せるようにしている。即効性のあるノートブックというのかな。現場で頭の中をトレースする為にある重要な道具といった感じで使用している。
モレスキンカウボーイの特技で、モレスキンとペンは必ず5秒以内に目の前に用意できるんだが、その時取り出すのがこのモレスキンである。

※ちなみに、↑写真は「クリスマス・モレスキン」について思いついた瞬間に、ベースキャンプ(普段からしょっちゅういるタリーズ)で右脳部分に書き込んだブレストの様子である(まだ公開できない部分があるので、ちょっとぼかし入り)。
興奮すると、方向も構わず書き込むクセがあるんだけど、比較的これは方向は同じだが、文字の上に平気で文字を重ねて書き込むので何が書いているのかわからなくなることが多い。

 

デイリー・ダイアリー・ポケット

DSC_0209.jpg

次に、2冊目の「デイリー・ダイアリー・ポケット(写真上)
右脳左脳モレスキンのみを使っていたところ、予定やアイディアなどについては書き残すことができるのだが、日誌のように「その日何を考えたのか?」ということをきちっとまとめて書き残しておきたいと考えるようになり、自然とデイリー・ダイアリーを持ち歩くようになった。このデイリー・ダイアリーは、1日1ページの形式なので、その日の記録を残しやすい。

ちょっと面白いのが、このモレスキンはかなりストイックに使っていて、「スケッチは一切しない」というルールで使っている。そして、「ライフログとしてなるべく使わない」ということも心がけている。
ライフログという考え方が、ノート術の関連でじつは流行っていて、生活の中の詳細を残そうという傾向があるのだが、自分の場合はそれに逆行しているといえる。ただし、「その日、何を考えていたのか?」ということは必ず一切を残さず記録している。このノートはベースキャンプで、その日考えた事を思い出しながら時間をかけてゆっくりと書き留める事が多い。右脳左脳モレスキンが「速度」ならば、こちらのノートは「思考の煙」のようなもの。煙草は吸わないので、カフェで「言葉」を煙のようにくゆらせるわけである。
モレスキンカウボーイのツイートもここから生まれることが多い。
頭の中に面白いアイディアを思いついたなら、それをすぐにはアウトプットしない。モレスキンにざっと書き留めて、一番自分が驚くことができるものを想像する。あとは、その想像の産物を、予告もなく脈絡もなく突拍子もなくツイートする。

この「右脳左脳モレスキン」と「思考の煙モレスキン」の2冊は軸において、XとYのように交差し相反するモレスキンとなっている。「右脳左脳モレスキン」が脳の構造に寄り添うモレスキンならば、「思考の煙モレスキン」は時間軸に寄り添っているような感じがする。

次に、この2冊を同時に持ち歩くためのハックをいろいろと試すようになり、2冊をダブルクリップで留めて持ち歩くようになった。

 

※本当はダブルクリップを複数利用し、がっちり留めるといい。

この「スクエアード・ポケット」と「デイリー・ダイアリー」の2冊を持ち歩くことで、大体のことがカバーできていたのだけど、ポケット・サイズの紙面ではちょっと手狭に感じるようになってきた。

好奇心に従ってわりと知識を取り入れる傾向があって、取り入れた知識をまとめるためのノートが欲しいと考えるようになってきた。そして、普段からものごとをじっくりと書きながら考えるクセがあるので、机上を中心に広い紙面で考え事をするためのプロジェクトノート的な役割が必要になった。

この辺は、PCのメモリと似たようなもので、大きなサイズのノートだと図にあわせて引込み線も描いて考え事を補足することができるので、思い切ってラージのノートを取り入れることにした。

 

モレスキン・ルールド・ラージ(パックマン・エディション)

簡単に言うと、「プロジェクト」と「勉強用」ノートである。
簡単なタスクであれば、ポケットサイズで事足りるんだけど、いくつものタスクで分解する必要があるものや、ゆっくりといくつものビジュアルを使った考え事をしたい時に机上を中心に利用している。
本を読んでいて、長期に渡って暗記しておきたい内容もこのノートに記述している。知識を頭にインプットする為に使う。

DSC_0179.jpg

↑ペーパーバックの中の気になった英文を書きとめたり、エドワード・ホッパーの絵画のスケッチのページ。

↑これは、昨年12月に行ったモレポケ・カレンダー・プロジェクトのプロジェクトのページ。

↑アート関連の知識を取り入れたページ(ハプニングとかアッサンブラージュとかフルクサス関連のことを書いたメモ)

↑欲しいなと思っている椅子をお店の中でささっとスケッチしたページ。右側は最近俺のマスコット「ラチとライオン」のライオン。お気に入り。 

DSC_0195.jpg

↑クリスマスのときにゲットした紙ナフキンを貼り付けたページ。スクラップブック的にも使う傾向もある。 

モレスキンのポケット部分にはいずれもなんらかのビジュアルを貼っている。
そして、ポケットの中はいつでもパンパンになっている。

中はいろんなものを入れているんだけど、大好きな本の英文やら切手やらもらった名刺やら雑誌の切抜きやらメモやらスケッチやら、紙類がごちゃごちゃに入っていて、やたら膨らんでいる。

実は、今日紹介しなかったけど、自分の今までのグラフィック等やその他仕事関連をひとまとめにしたポートフォリオのモレスキンも現在製作中なので、正確には4冊使いになるのかな・・・。「自分の仕事をアナログなクラウドに残す」この辺は、またおもしろい記事になると思うので後日。
さすがにこれ以上増えないとは思うけど、今日のエントリーがモレスキンの複数使いのヒントになったなら嬉しい。 

  • Comments (Close): 2
  • TrackBack (Close): 0

MPCプロジェクト参加者紹介!3月担当:はっちんさん

モレポケカレンダーの各月担当者の紹介です。
今回は3月担当のはっちんさん!

モレポケカレンダーへ唯一写真でご参加頂きました。

普段は、風景写真を撮られているとのことです。
作品は、3月に撮られた「家族の影の写真」です。

写っているのは一人ですが、影は3人。
少し前を歩く男性の姿、その後ろを歩く女性と子供と思わしき影。
そしてそれを少し後ろから撮影する写真家の視点。
3月の、影と共に、時間もゆっくりと飴のように延びていくような瞬間。
優しげな視点が伝わってきませんか?

----

 

NAME: はっちんさん
担当:3月

Twitter: http://twitter.com/#!/dse23tf

「はじめまして。はっちんです。
今回は滑り込みで参加させていただきました。

あまりモレスキンの話題は呟いていない私ですが、十人十色のモレスキンに少しでも色を添えることができたのなら幸いです」

  • Comments (Close): 0
  • TrackBack (Close): 0

Apr 2011 Calendar for Moleskine

  • Posted by: タカヤ
  • 2011年3月19日 02:46
  • Moleskine

calendar2011_04_3D.jpg

2011年度04月分できあがりました。

クリスマス・モレスキン@兵庫にご協力いただいた方々、ありがとうございました。
ただいまクリモレはちょいとお休み中です。

ポケット・サイズ
http://www.blanq.org/test/moleskine/calendar2011_04.pdf

ラージ・サイズ
http://www.blanq.org/test/moleskine/calendar2011_04_L.pdf

 

DSC_0133.jpg

震災の後から、モレスキンに書き留めることが非常に増えた。
最近、心の「内側と外側のコントラスト」について考えていることが多い。

DSC_0079.jpg

基本、物静かに生活している。

  • Comments (Close): 0
  • TrackBack (Close): 0

MPCプロジェクト参加者紹介!2月担当:ハヤテノコウジさん

モレポケカレンダーの各月担当者の紹介です。
今回は2月担当のハヤテノコウジさん!
ハヤテノコウジさんは、モレスキンカウボーイも興味を持っている「SYNC IDEAS」というスタイルを持たれた粋な方です。SYNC IDEASの意味は、「アイデアのシンクロナイズド(synchronized、同期)は面白い」という考えから生まれた造語です。

モレポケカレンダープロジェクトもある意味、アイデアのシンクロナイズドで行われたプロジェクトだと考えています。
---

 hayatenokouji-takaya-cat1.jpg

猫バージョン

hayatenokouji-takaya-ume.jpg

梅バージョン


 

NAME: ハヤテノコウジさん
担当:2月

SYNC IDEAS
http://sync-ideas.net/

Twitter: http://twitter.com/#!/hayatenokouji

【skine.art】
mymoleskine

「タカヤさんが企画されたモレポケカレンダー企画に参加しました!とても楽しかったです!
僕は2月担当。「2月と言えば何?」というのを、まじめバージョン、おふざけバージョンで考え、絵にしました。まじめバージョンは2月といえば梅。おふざけバージョンは「2月22日=ニャンニャンニャンで猫の日、ついでにバレンタインデー」みたいな絵にしました。猫社会にチョコはなさそうなので、バレンタインであっても女子猫は魚を送るんだニャン。ということで、2案を提出したのですが採用は猫バージョンでした。タカヤさん、お誘いいただきありがとうございました~」


ハヤテノコウジ プロフィール

「1972年栃木県栃木市生まれです。
大学進学を期に東京へ。
マーケティング関連会社で働きながら、ゆるいイラストを趣味で描いています。
休日には、いまだに旅行気分で東京各地を散策して写真をとったりブログに書いたりしています。
谷中、根津、千駄木、雑司が谷、代々木上原、千駄ヶ谷あたりののんびりした空気や、神宮前や南青山あたりのおしゃれな感じが好きです。
浅草や隅田川周辺も散策します。
モレスキンを日常に取り入れてから、モレスキンアート、モレスキン絵日記にはまり、いろんな仲間と出会うことができました。
最近は年1になってしまっていますが、京都にもよく訪問していました。
外国では北欧諸国のデザインや文化に興味を持っています。
フィンランド語を学んだり茶道をお稽古したりと好奇心旺盛な性格で、最近は中国語学習を始めました。2011年は、積極的にリスペクトできる人たちとの交流を進めていきたいと思っています」

 

Continue reading

  • Comments (Close): 0
  • TrackBack (Close): 0

a day in the life

DSC_0107.jpg

モレスキンと共に暮らしている。

日々考えたことを記録して厚みを持っていくノート。
お気に入りのグラフィックの数々を、ノートに挟んでいく楽しみ。

  • Comments (Close): 0
  • TrackBack (Close): 0

Mar 2011 Calendar for Moleskine

  • Posted by: タカヤ
  • 2011年2月11日 12:55
  • Moleskine

calendar2011_03_3D.jpg

2011年度03月分できあがりました。

クリスマス・モレスキン@東京にご協力いただいた方々ありがとうございました。
たくさんの方が注文されたとマルサンフーズさんより報告有りました。
クリスマス・モレスキンも2冊目が追加になりました。まだまだ続きます!
次回クリモレの発表はもう少々お待ちください。

ポケット・サイズ
http://www.blanq.org/test/moleskine/calendar2011_03.pdf

ラージ・サイズ
http://www.blanq.org/test/moleskine/calendar2011_03_L.pdf

  • Comments (Close): 0
  • TrackBack (Close): 0

【随時更新 クリスマス・モレスキン】 念願のイタリアのミラノ本社に到達!



クリスマス・モレスキン最新情報:4/16更新
クリスマス・モレスキン@札幌[cafeサーハビーさん]の滞在期間11/20で終了いたしました。
クリスマス・モレスキン@岡山[おうちカフェ bonbonchaさん]の滞在期間12/11で終了いたしました。
クリスマス・モレスキン@大阪[東欧を旅する雑貨店 チャルカさん]の滞在期間1/10で終了いたしました。
クリスマス・モレスキン@東京[まるさんフーズさん]の滞在期間2/7で終了いたしました。
クリスマス・モレスキン@兵庫[Frame*さん]の滞在期間3/6で終了いたしました。
クリスマス・モレスキン@ロンドン.UK 4/6~ [モレスキナリーJP管理人 ロンドンのYOKOさん宅]開始しました。
クリスマス・モレスキン@??? 4/10~ ヒースロー空港よりミステリーツアーに出発!
クリスマス・モレスキン@モレスキン イタリアのミラノ本社到達!

暖かく迎え入れてくれたイタリア本社に感謝 http://bit.ly/esqxjy
YOKOさん、サンキューです!

Christmas Moleskines1
photo by YOKO ! [Moleskinerie.JP]

Christmas Moleskines2
photo by YOKO ! [Moleskinerie.JP]

Christmas Moleskines3
photo by YOKO ! [Moleskinerie.JP]

 

最新情報はTwitterもチェック!

Continue reading

  • Comments (Close): 3
  • TrackBack (Close): 1

Feb 2011 Calendar for Moleskine

  • Posted by: タカヤ
  • 2011年1月20日 22:37
  • Moleskine

calendar2011_02_3D.jpg

2011年度02月分できあがりました、ご利用ください。

年末から怒涛のカレンダーラッシュでしたが、ようやくひと段落。
いかがお過ごしでしょうか?バレンタインデーキッスことタカヤです。

札幌からスタートした「クリスマス・モレスキン」は、現在東京下北沢のマルサンフーズさんで実施中!
東京にお住まいのあなた、クリスマス・モレスキンに出会うチャンスですよ。

ポケット・サイズ
http://www.blanq.org/test/moleskine/calendar2011_02.pdf

ラージ・サイズ
http://www.blanq.org/test/moleskine/calendar2011_02_L.pdf

  • Comments (Close): 0
  • TrackBack (Close): 0

久しぶり。モレスキンカウボーイのカバーンノ・ナカミハ・ナンデスカー?

音楽は基本ヘッドフォンでいつも聴いてる。
愛用していたヘッドフォンが壊れたため、新しいヘッドフォンAKG K450を買った。
これがね、超音が良くてさ、歩くのが楽しくて楽しくて。

久しぶりにカバンの中身写真をアップする。
最近は、ミリタリーな雰囲気のカバンを愛用している。
開け閉めがしづらいけれど、たっぷり入るのととても頑丈なのが気に入っている。
いつも、iPod60GBにたっぷり音楽を詰め込んで出かけてる。

カバンの中身は、フルバージョンとコンパクトバージョンに分けて撮ってみた。

 

full_mybag.jpg

【フルバージョン】

■SFMOMAのモレスキン ポートフォリオとして使用
■LAMY PICO
■LAMY 2000 4CBP
■LAMY SAFARI FP (edition2007 White)
■LAMY 2000 FP (M)
■STAEDTLER Textsurfer gel
■KOKUYO DOT LINER
■SANYO NEW eneloop スティックブースター
■MARK'S Inc. ( マークス社 ) storage.it 細々とした雑貨入れで使用
■Pacman Editionのモレスキン プロジェクトノートとして使用
■AKG K450 お気に入りのヘッドフォン
■GIORGIO FEDONのペンケース
■スクエアード・ポケットのモレスキン ご存知 右脳左脳モレスキンで使用
■iPod60GB 11000曲くらい
■iPhone
■IXYのカメラ
■ポールスミスの時計
■ポールスミスのカフスボタン
■鍵
■見づらいけど、カードケース
■見づらいけど、cyproductのコインパース(過去記事はこちら
■AMADANA電卓
■デイリー・ダイアリーのモレスキン 毎日の考え事の記録ノート
■写真の中には載ってないけど、NIKON D5000愛用

 

【コンパクトバージョン】

■GIORGIO FEDONのペンケース
■LAMY 2000 4CBP
■LAMY 2000 FP (M)
cyproductのコインパース(過去記事はこちら
■iPhone
■Pacman Editionのモレスキン プロジェクトノートとして使用
■スクエアード・ポケットのモレスキン ご存知 右脳左脳モレスキンで使用
■AKG K450 お気に入りのヘッドフォン
■鍵
■ポールスミスのカフスボタン
■IXYのカメラ
■ポールスミスの時計
■LAMY PICO
■ドイツのドライザック社のソムリエナイフ

  • Comments (Close): 0
  • TrackBack (Close): 0

MPCプロジェクト参加者紹介!1月担当:なおさん

先日、公開させて頂きましたモレポケカレンダーたいへん好評を頂いており嬉しい限りです。
Lifehacking.jpで紹介頂きまして、かなり多くの方がダウンロードされたようです。
今月からモレポケカレンダー参加者を順次紹介させて頂きます。
---

NAME: nao_yamadaさん
http://twitter.com/#!/noa_ano_nao

担当:1月

「今回は素敵な企画に参加させて頂き、ありがとうございました。
一月は新しい年が始まる月なので、何だかプレッシャーもあり、題材と技法にはかなり迷いました。
普段は舞台衣装の製作をしているので、立体の作品を作りたいと思い、今回このような形になりました。
写真だと分かりづらいかもしれませんが、背景の花、蝶、蜘蛛の巣は透明のアクリル板を彫ってイラストのように見せています。
周囲に散りばめられているラインストーンは、学生時代に恩師から頂いたアンティークのもので、自分的に思い入れのあるものなのです☆

寒い雪の季節に氷漬けになって春を待つ花と蝶。
今年も一年キラキラ輝く年になります様に...☆
そして蜘蛛の巣は新年も幸せを沢山キャッチできますように...☆」という意味を込めて彫りました。

このカレンダーを使う方が、HAPPYな気持ちになって頂けたらとても嬉しいです
普段は仕事以外では作品を作る機会がなかなか無いので、今回このような機会を頂き、とても良い刺激になりました。本当にありがとうございました!」

 

  • Comments (Close): 0
  • TrackBack (Close): 0

#molecow

  • Posted by: タカヤ
  • 2011年1月12日 22:07
  • Moleskine

molecow.jpg

Twitterにて、モレスキンカウボーイのハッシュタグ #molecowができました。
モレスキンネタをつぶやいていますので、よろしければお越しくださいませ。

モレスキンを開くきっかけ「モレスキントリガー」に出会えるかも!

  • Comments (Close): 0
  • TrackBack (Close): 0

2011 gantt_chart 作成しました

2011年度モレスキン用のガントチャート作成いたしました。
1月~12月を連結して使用することができます(下の図参照)。
便利な人にはすごい便利なはず。

年間のプロジェクトの管理などにご利用くださいませ。
切って使っても良し、連結して使用してもよし、使い方はいろいろ。

モレスキンポケット用のサイズなので、行間は狭いです。

ダウンロードはこちらから
http://www.blanq.org/test/moleskine/gantt_chart2011.zip

 
gantt.jpg  

  • Comments (Close): 0
  • TrackBack (Close): 0

2011年度モレポケカレンダー(ブルーグレーバージョン) #3

第3弾。
ブルーグレーの落ち着いたバージョン。

表面
http://www.blanq.org/test/moleskine/MP_calendar_grayish_2011-1-6.pdf

裏面
http://www.blanq.org/test/moleskine/MP_calendar_grayish_2011-7-12.pdf

 

※一部デジタル・コラージュ使用

  • Comments (Close): 1
  • TrackBack (Close): 0

2011年度モレポケカレンダー(POPARTバージョン) #2

MP_calendar_pop_2011-1-6.jpg

MP_calendar_pop_2011-7-12.jpg

第2弾。
POPARTなバージョン。超遊んでみた。

表面
http://www.blanq.org/test/moleskine/MP_calendar_POP_2011-1-6.pdf

裏面
http://www.blanq.org/test/moleskine/MP_calendar_POP_2011-7-12.pdf

 

※一部デジタル・コラージュ使用

  • Comments (Close): 0
  • TrackBack (Close): 0

2011年度モレポケカレンダー(コラボ・バージョン)配布中 #1

お待たせ!できたよ、第一弾!
2011年度モレポケカレンダー・コラボバージョンです。

今年はTwitter経由で11人のアーティスト達とコラボしました!
それぞれの月をイメージした作品をお願いして担当して頂きました。
製作取りまとめに伴い、とても楽しいやりとりをさせて頂きました。

11人のハニーたち↓
1月担当: @noa_ano_nao
2月担当: @hayatenokouji
3月担当: @dse23tf
4月担当: @MO2Mga
5月担当: @midori9bin
6月担当: @noise_y
7月担当: @kotori1982
8月担当: @tkhr3
9月担当: @HarukaM
10月担当:@hiyo9o
11月担当:@haltam
12月担当:タカヤです

今回の注目点はですね。それぞれの月をそれぞれの担当が製作しているため、全員がそれぞれバラバラなカレンダーになっている点にご注目くださいませ。
それぞれの担当が何を思い製作したのか、ゆっくりと眺めながらお楽しみください。
後日、各担当の紹介の際にコメント付きでご紹介いたしますね。

-----

昔なつかしの山折、谷折を繰り返すことにより、小さなパンフレットみたいな小冊子風なカレンダーになります。切るところが1箇所ありますよ、忘れないようにね!
A4用紙を8つ折りして、ちょうど Moleskineの背後のポケットに収めてご利用ください。
各ページをバラバラに切って使ってもOKですよ。(A3で印刷してラージで使うというのもいいかも)
下記画像を参照してください。

表面が1月から6月、裏面が7月から12月となっています。
裏表にひっくり返して印刷してリバーシブルでお使いください。
※できればフチ無しでの印刷がベストだと思いますが、今年は多少フチがあることを想定してレイアウトしてみました。

昨年に引き続き、ノリは不要ですが、ノリノリで作成してください。

表面
http://www.blanq.org/test/moleskine/mole_poke_calendar2011_collabo1-6.pdf

裏面
http://www.blanq.org/test/moleskine/mole_poke_calendar2011_collabo7-12.pdf


※参考までに
去年のカレンダーAタイプ

去年のカレンダーBタイプ


折り方は以下の画像を参照!(去年のカレンダーの使いまわしでゴメンよ) 

molepoke2

molepoke

orikata.jpg

  • Comments (Close): 4
  • TrackBack (Close): 1

帯型ステッカー試作してみた

IMG_9446.jpg

  • Comments (Close): 2
  • TrackBack (Close): 0

Jan 2011 Calendar for Moleskine

  • Posted by: タカヤ
  • 2010年12月18日 02:05
  • Moleskine

calendar2011_01_3D.jpg

2011年度01月分できあがりました、ご利用ください。
札幌からスタートした「クリスマス・モレスキン」は、現在大阪のチャルカさんで12/15~1/10頃まで実施中!来年度もよろしくっす!

ポケット・サイズ
http://www.blanq.org/test/moleskine/calendar2011_01.pdf

ラージ・サイズ
http://www.blanq.org/test/moleskine/calendar2011_01_L.pdf

  • Comments (Close): 0
  • TrackBack (Close): 0

Dec 2010 Calendar for Moleskine

  • Posted by: タカヤ
  • 2010年11月17日 15:56
  • Moleskine

calendar2010_12_3D.jpg

2010年度12月分できあがりました、ご利用ください。

今まで、ポケットサイズを想定したサイズのみだったのですが、
多くリクエスト頂きましたので、ラージサイズ用も作成いたしました

ポケット・サイズ
http://www.blanq.org/test/moleskine/calendar2010_12.pdf

ラージ・サイズ
http://www.blanq.org/test/moleskine/calendar2010_12_L.pdf


11/2~札幌からスタートした「クリスマス・モレスキン」
http://www.blanq.org/text/2010/11/post-193.html
非常に多くの方の助けを頂きまして、西日本での日程がある程度確定して参りました。
まずは、11/2?~岡山県岡山市に移動となります!!
詳細は、近日大々的に発表いたしますので、お待ちくださいませ。


さてさて、札幌からモレスキン・ミーティングが飛び火しまして、今度は西日本で行われます
MIXIに専用のコミュが立ち上がっています。
http://mixi.jp/view_community.pl?id=5343923

■「名古屋」モレスキンミーティング:12/18 (参加表明は@hassyhassy13さんまで)
■「関西」モレスキンミーティング:12/5と12/19 (参加表明は@mocchipuyoさんまで)

さーてそろそろ、海外でもモレスキン・ミーティングがあってもいいんじゃないですかね?
ね、ロンドンとかいかがですか?

  • Comments (Close): 0
  • TrackBack (Close): 0

クリスマス・モレスキン店舗様ガイドライン

  • Posted by: タカヤ
  • 2010年11月 3日 23:25
  • Moleskine

旅する「クリスマス・モレスキン」の移動先店舗について、および店舗様ガイドライン
Twitterでの反応を確認したところ、多くの方が書きこみたいと要望を承りました!ありがとうございます。


これからモレスキン設置を検討いただける店舗さま!以下条件で検討願います。
最初に、肝心であり、少々カッコ悪いことを書きます。お金のことです。
「他県受け取り店舗様→他県」へのモレスキン発送の送料は、本当にすみませんがこの点、肩代わりしてお支払いいただくことになります。
(この点本当にすみません。スポンサー様のいない個人プロジェクトなのです・・・。
もちろん店舗様に代わり、どなたかがお支払いいただくのはまったく問題ありません)。

補足:
BLOGやTwitterなどのSNSサービスを利用し、大々的にこのクリスマスモレスキンについて随時宣伝させていただきます。以上によりクリスマス・モレスキンを「書きに来られるお客様」と併せて、「閲覧のみ」を希望されるお客様もいらっしゃいます。お店の売り上げにつながる可能性もありますので、ご検討をお願いいたします。

----------
企画内容:
コンセプト「皆で、1冊の旅をするモレスキンのノートで、クリスマスブックを作る」

札幌発でモレスキンが、クリスマスシーズンの間各地に出かけます。
「旅をするモレスキン」に「クリスマスのこと」を書き留めてみませんか?
これからたくさんの方がこのノートにクリスマスのことを書きます。
やり方は簡単、店員さんに 「クリスマス・モレスキンください!」とオーダーしてみてください。
1~2ページもしくは、1~2行でもOKです。あなたのクリスマスストーリーを書いてもOK、誰かに向けた手紙でもOK、絵を描いてもOK、コラー ジュしてもOK、シールを貼ってもOK、マスキングテープを貼ってもOK。表紙をデコってもOK、ポケットに何かを隠してもOK、何かを挟んでおいても OK。
あなたにとっての「クリスマス」をモレスキンに表現してみてください☆
----
やりかた:
お客様よりオーダー時に「クリスマス・モレスキン」の注文が入ります。
その際に、クリスマス・モレスキンとカラーペンを出すのみです。無料です。
お客様は、ご自分のカフェの時間を利用し、
そのモレスキンに、書いたり描いたり貼ったり
自分の思い思いの「クリスマス」のことを書き留めて、
これから過ごすクリスマスのことを心に浮かべながら、家路に着くという内容です。

店舗によっては、モレスキンユーザーに関わらず一般のお客様にも「クリスマスストーリー」を書いて欲しい!と要望もあるかと思います。その用途のため、店内での宣伝用のフライヤーはWEB側にPDFとしてアップしております。ご自由に印刷願います。

A4フライヤー: http://bit.ly/iazBTV
ポストカードサイズフライヤー: http://bit.ly/gxdd8I

クリスマス・モレスキンと共にお客様へ「カラーペン」を出していただいております。
カラーペンとペントレーを同梱させて頂きます。

-----
店舗様側で回答不可な内容がございましたら、
主催者ことタカヤ・モレスキンカウボーイ宛ての問い合わせをご案内願います。

電話番号は店舗様確定時にお知らせいたします。
Mail: mc@blanq.org  もしくはTwitter: @blanqまで

念のため、モレスキンの送付前に簡単なヒアリングをさせて頂きたいと思いますので、よろしくお願いいたします。

Continue reading

  • Comments (Close): 0
  • TrackBack (Close): 0

【ほぼ書き終わりました】 10/17 札幌モレスキンミーティング・レポート

10/17のモレスキンミーティング札幌4.0のレポートです!
写真提供はさっちんさんです!
(さっちんさん、本当にいつもありがとうございます。ここのところモレスキンミーティングの写真、自分でまったく撮れていません・・・。)

今回の会場
[The Day] 札幌市中央区南4条西8丁目10-3(36号線沿い、JOMOのすぐとなり)
店内、超オシャレです。

今回は内容盛りだくさん!MIXIモレスキンで日記を書こうコミュ管理人のここおれんじさんのモレスキン日記講座!・・・(のはずでしたがぜんぜん時間とれなくてすみません・・・)。

人数は、総合計14名の方々にご参加頂けました!

そして、モレスキン本著者のモレスキナリーのYOKOさんがロンドンから駆けつけてくれました。すごい時差にも関わらず終始笑顔のYOKOさん本当にありがとうございました。


10/24 23:46追記 --------
モレスキンカウボーイの幻のスピーチ内容
実はですね、開催の時にみなの前で話そう話そうと思って、前の日にスピーチの内容を考えていました。話ベタで、けっきょく話すことができなかったのですが、内容を記載しておきます。こちらがモレスキンカウボーイの心の中だと思ってくださいませ

「始めまして、初めてじゃない方も改めてご挨拶申し上げます。
札幌モレスキンミーティングを開催させていただきました。モレスキンカウボーイことタカヤです!

これでなんと、第4回目のモレスキンミーティングとなるのですが、今回が実は一番多くの人がお集まりいただいた状態です。第1回目は沖縄料理店、第2回はモレスキン七輪、第3回はプチモレスキンミーティングといった内容です。モレスキンというノートを通じて、少しずついろんな人につながっていくことを現在楽しみながらいつも主催させて頂いております。今日はせっかくなので主催の意図などをお話させてください。

普段からモレスキンカウボーイはどこに行っても文房具の話をしているので、よくですね、周囲の方にモレスキンって何?と聞かれます。これは皆さんも同じじゃありませんか?いったいなんなんでしょうねこのノート。
そのたびに、「んーと、ハードカバーの普通のノート・・・」と言っていたのですが、いつも疑問に思ってました。これはいまだに自分の課題として考え続けています。
このようにミーティングを行って人が集まるというのはそこそこエネルギーを使うことなので、ただのノートであるのは当たり前なのですが、、モレスキンのノートに、それ以外の何らかの付加効力が無い限りできないんじゃないかな、と思うんです。モノをモノと見てしまうと限界が決まってあまり面白くないので、モレスキンカウボーイはですね、モレスキンに関わらず、なるべく限界を作らないようにして見るようにしています。

モレスキンの効能として「想像力を刺激する能力がある」ことなのかなと、この前まで考えていたのですが、最近はですね、「面白い自分自身を書き留めることができる」ということかな、と考えています。
つまり、「あなたが面白いからモレスキンが面白い」という考え方です。

今日ここにいらっしゃる方々は、「モレスキン」というキーワードでお集まりいただいたと思うのですが、この時点で面白い人が集まっているとモレスキンカウボーイは考えてます。その面白いあなたに会いたくて、カウボーイはこうしてモレスキンミーティングを開催しているというわけなんです。

今日はですね、せっかくなので、モレスキン的な視点で楽しんでくださいませ。えーつまりですね、となりに座っている人同士、ロンドンからはるばる来られたYOKOさん、日記講座を行って頂けるここおれんじさん、「モレスキンの使い方」はもちろん「面白い視点」や「考え方」や誰もがそれぞれ「ズレ」を持っていることに気づいたなら、今日ミーティングが終了して、おうちに帰ったらさりげなくノートに書きとめてみましょう。

モレスキンミーティングはモレスキンはもちろん"人"を大いに楽しんでいってくださいね
んでは開催させていただきます!」

------------------------------


10/24 21:00追記

今回ご参加頂きました方々を一人ずつ紹介しましょう。順不同です。

ここおれんじさんは、札幌でのモレスキン発展に一役買っていただいている方。カウボーイお気に入りのザ・モレスキン・マスターです。カウボーイもほれ込んでいまして、今回は事前に、ここおれんじさんとお会いしてモレスキンをスキャンさせていただきまして、「ここおれんじブック」なるものを作って参りました。ここおれんじさんのデイリー・ダイアリーに書かれた日常を書いた日記は、まるで雑誌をめくるかのようにグラフィカルで、とっても読むのが楽しいのです。その作りこみと完成度から、モレスキンからまるで鈍器のようなオーラが漂っています(笑。そして彼女の話でおもしろいのは家族ネタが最強におもしろいです。幸せな家族に囲まれているのが、美しいモレスキン日記を書くコツですね。

YOKOさんは、日本におけるモレスキン・ファンサイト運営で知られ、そしていまやどこの本屋でも平積みになっているベストセラーこと「モレスキン本」の著者。現在はロンドン在住。武器は、今回名づけさせていただきますが、まさに「ニカっ」とと笑う音が聞こえてくるような、男の子はイチコロの「YOKOスマイル」の破壊力がすごかったです(笑。衝撃を受けたのは、その衝動的なモレの使い方でした。雨で濡れたページ、一つのモレスキンを友人と囲んで書き込んだり、ただ切り取ったページ、のりでつけたあとベリベリと剥がしたり、「意図せず痕跡を残す」という行為。モレスキンにフレーミングしているその姿に感動しました。前のめりのアクティブトークに注目!

ななさんは、モレスキンを使い始めて2年半。2冊のモレスキンを併用し、1冊を一人旅のログとして利用し、もう1冊を食べ歩きの記録として利用しています。圧巻であったのは、一人旅のモレスキンが雨で濡れてしまってふかふかのモコモコになっているところ!旅してるっていうのが伝わってきます。しかも中を開けると、全国各地の電車のチケットが貼ってあって、眺めてるだけで楽しい。食べ歩きログ専用のモレスキンに小さな写真をアイコンのように貼っていてこれを増やしていくのが楽しいとのことでした。アクティブに生活を楽しんでいますね!

ふみさんは、Twitterでも気づいていたのですがF1好き!キミ・ライコネンさんのファンでございまして、なんと本日モレスキンミーティングの日はちょうどライコネンさんの誕生日でしたね(カウボーイは事前に調べていたのです、びっくりしたでしょ?)。そういえばふみさんの携帯電話ですが、なんと、黒くないホワイトバージョンの「ブラックベリー」の愛用者!そして、すごい人懐っこくて愛らしい発言や姿とはうらはらに、エンジニアというカッコいいお仕事。今回カウボーイは彼女のモレスキンの使い方をゆっくり見れなかったのですが、きっと世界各地のF1関連の情報もビシっと書かれているのでしょうか。ゆっくりまたお話しましょうね☆

みりこさんは、まさにシールの達人。カウボーイも実生活においてみりこさんによくお会いするのですが、その「癒し妹系」のオーラで周囲を和ます必殺技を持っています。そしていつもシールをカウボーイに恵んでくれる優しい子なのだ!おかげさまでモレスキンカウボーイのモレスキンはちょっとずつキュートな感じになりつつあります。そして、モレスキンやその他の文房具を全て一括で持ち歩けるケースを愛用していて便利そうなので話題になりましたね。なんとお聞きしたところ、母子手帳を収納するケースだそうです。これ意外な盲点でして、すごい使いやすそうでした。そして、彼氏さんもモレスキンユーザー!二人でスヌーピー・モレスキンを愛用(母子手帳がそのケースに入ることになる日も近い?)。

さっちんさんは、日本国内の文房具ブログを一通り読んでいる方なら皆さん知っている方が多いと思います。モレスキン使用暦も多分一番長いのではないでしょうか?モレスキンに関わらず、その他文具知識も最強、そして、北海道内の飲食店情報最強の女子であり、しかもケーキ作りの達人であり、モレスキンカウボーイのイベント時には必ず来ていただいており、カウボーイがオロオロしてあっち行ったりこっち行ったりしている中、いつも助けていただいている最強の助っ人。非常に重要な方です。数年前からモレスキン1冊をまるまる、人とのコンタクトブックとして愛用しており、会った人に1ページを使って何か書いてもらっており、コミュニケーションの歴史が刻まれていて非常にうらやましい!

ちひろさんは、野菜ソムリエであり某雑誌でのコピーライターをされています。自称:方眼フェチ! そしてフワっとした優しい雰囲気と物腰ですが、ばりばりに仕事をこなすカッコよい方でもあります。WEB上で見かけるちひろさんはいつも何か食べている姿なのが愛らしい(笑。モレスキンミーティングにもレギュラー出演されており、毎回圧巻なのはそのモレスキンの持参量!今回のモレスキンタワーでもそのほとんどがちひろさんのモレスキンなのではないでしょうか?レアモレスキンをたくさん所有されていまして、とてもうらやましいモレスキンがたくさん。今回作成した資料の中にモレスキンカウボーイのステッカーページがあったのですが、「これ折るのもったいないです」と言ってくれたのがカウボーイ胸キュンでした。

膝小僧さんは、やっとお会いできました!6月に行われた第1回のモレスキンミーティング時からお話はあったのですが、ずっとカウボーイとニアミスしていたんですよー。なんとラガーメンであり、本日も東京のラグビーの集まりから飛行機に乗って千歳空港から直行で来られ、モレスキンミーティングにご参加頂けました。がっしりとした体型にも関わらず人懐っこいさわやかスマイル。モレスキンは2冊使い!そしてGORGのカバーで2冊を同時に利用。ビジネス時にもモレスキンを愛用しておりクールな使い方をされていました!めったにお会いできない体育会系モレスキナー!そしてバイカー!モレスキンを持ちながらタックルを食らいたい人はぜひ!

ヒロさんは、建築の勉強をされており、毎度おなじみモレスキンミーティング時にもTwitterでも女の子のハートを持っていく細身のジャニーズ系イケメンです。そのモレスキンの利用法は一風変わっており、各地で有名になっていますが、モレスキンの1ページ1ページにストーリーを持たせた切り絵で作品を作ってしまうという芸術性が高いモレスキナーなのです。毎回ミーティング時には必ずヒロさんのモレスキンはストリーミング配信されています。そのモレスキンの中にストーリー性を持たせた世界観でこれまた女の子はメロメロ。(ヒロさん、そのカリスマとモテっぷりを少し分けてくれ)

なつきさんは、音楽をこよなく愛する女の子であり、Twitterでもその好奇心を持った積極的なスタイルと、裏表ない魅力が伝わってきていました。今回、実はカウボーイと始めたお会いしたにも関わらず、まさにそのイメージどおり!初めて会ったような感じがしなかったです(笑。(しょっぱなからブーツを"長靴長靴"言ってすみませんでした/汗)。今回のモレスキンミーティングの会場の「The day」の店員さんであり、終始ミーティングの最中にみんなの飲食にも気を配っていただき本当にありがとうございました。この「The day」を素敵なお店にしていくべく奮闘中!これからカフェタイムもあるようですので、お近くの方はモレスキン持っていきましょう!

わかこさんは、Twitterでモレスキンカウボーイとエロティシズム溢れるお話で最近からませていただいておりましたね(笑。ゴスペルミュージックを愛するめちゃノリのいいお姉さんです。なんと最近モレスキンを購入されたばかりで、新品のモレスキンを持って参戦されました。今回持参されたマスキングテープコレクションが圧巻でしたね。今でもカウボーイのモレスキンには「つまらないものですが」のマスキングテープが冒頭のページに貼られています。わかこさんは普段ほぼ日を愛用されており、そのほぼ日の厚みの迫力がすごかった!これからそのモレスキンもたっぷり膨らんでいくのかーと思ったらワクワクします。

ぎーさんは、札幌市北区北24条でappleユーザーが集まる"Geek Bar"のマスターさんです。そしてアップルユーザーなら欲しくなるGEEKグッズのデザインをされて販売もされています。なんと!今回唯一モレスキンユーザーではない方なのです。モレスキンカウボーイのTwitterのツイートに興味を持たれて、「ただのノートになぜ皆そこまで夢中になれるのか知りたい」という探求心を持って参戦されました。モレスキンとapple製品に通じる「シンプルさと遊び心」というのは伝わりましたでしょうか?後半のLAMYトーク楽しかったですね。

そして、このBLOGではたびたび登場するさわやか変態ことhide104。彼は俺の親友です。そして、実は俺がモレスキンを使うきっかけになった男。最初、初めてモレスキンを使う姿を見たときは、うわーなんかおっさんくさい手帳使ってるな、と思っていました(笑。彼がどれだけ特殊な人間かは、近日このブログで特集させていただくので詳細は割愛いたします。


YOKOさんに男も女もメロメロの図!超めんこいのさ!
もうですね、そのハートの持ってかれっぷりは、オノ・ヨーコに初めて出会ったインディカ・ギャラリーのジョン・レノン並っぷりです(笑。


恒例のモレスキンタワー!(30秒後に倒壊し、ビールをひっくり返し、誰かのバッグをビールまみれに・・・)
この後、モレスキン本のもう一人の著者であるLifehacking.jpの堀正岳さんもスカイプのTV通話で登場!会場沸く!
ビデオ通話といえども堀さんにも会えて、札幌のミーティングに少しでも注目していただけたのが嬉しかったんです。じつはモレスキンカウボーイはですね、堀正岳さんの大ファンでもあるのです。まったく違うジャンルの人であることは理解しているのですが、互いに、なにか哲学的な誰にも譲れないスタイルが根底に流れていると考えています。

Continue reading

  • Comments (Close): 5
  • TrackBack (Close): 1

Nov 2010 Calendar for Moleskine

  • Posted by: タカヤ
  • 2010年10月15日 00:05
  • Moleskine

calendar2010_11_3D.jpg

2010年度11月分できあがりました、ご利用ください。
http://www.blanq.org/test/moleskine/calendar2010_11.pdf

自分へのプレゼントにて、「LAMY pico プラチナコート」と「Lacie iamakey USBメモリ」を買いました。
どちらも手の中に収まる感じの銀モノアイテムで愛着が沸く。
iamakeyはモレスキンのポケットにいつも入れておいて、デジタルな作業を行うときにポケットからさっと取り出して使っています。これね、薄いのであまりモレスキンがかさ張らず便利。
モレスキンポケットにUSBメモリ入れるという、おばあちゃんの知恵はほんとおすすめです。

もうちょっとで、札幌モレスキンミーティング!たくさん新メンバーの方々が参加予定!感謝!
ここおれんじさんの講座もあるし、モレスキナリーのYOKOさんも来てくれるし今からどきどきです。
まだワクありますので、ご参加を考えている方はお気軽にお声かけてくださいね

  • Comments (Close): 0
  • TrackBack (Close): 0

【豪華版】 10/17 19:30- 札幌モレスキンミーティング4.0告知!

moleskine_meeting4.0.jpg

恒例の札幌モレスキンミーティング Ver4.0の告知です!

日時:10/17(日)19:30~
場所:[The Day] 札幌市中央区南4条西8丁目10-3
(36号線沿い、JOMOのすぐとなり)
持ち物:モレスキン(無くても可)、見せたい文房具
予算:3000円くらい

参加表明はmc@blanq.org もしくはTwitterにて@blanqまで
もしくはこの記事のコメント、その他タカヤ宛に何らかのリアクションでOKです。

今回はすごい豪華メンバーです。
9/10にダイヤモンド社から出版され5万部以上を既に売り上げた【モレスキン 「伝説のノート」活用術】を皆さん読まれましたか?
なんと今回はゲスト出演で、著者であり、モレスキンファンサイト「モレスキナリーJP」を管理されるロンドン在住のYOKOさん(@YOKOnotes)もはるばる札幌のモレスキンミーティングに参加します!

そして、MIXIモレスキンで日記を書こうコミュ管理人で、ここおれんじさん(@coc0range)の「モレスキン日記講座」が行われます
モレスキンに限らず、ペンを持って日記を書かれる方は必見!
モレスキンカウボーイは、全世界に彼女の日記をプッシュしたいのです☆

札幌モレスキンミーティングが、次回が心配になるほどだんだん豪華になっていく。
嬉しい悩みでございます。
モレスキンを愛用している方、モレスキンを使っていなくとも興味のある方、ペンで日記を書く方、少しでも興味を持たれた方は参加してください。

そして今回モレスキンミーティングを行うThe Dayという今年の9/7にOPENしたばかりのお店ですが、アンティークなソファーや暖炉があって、クラシック・モダンな店内で超お洒落です。店員の女の子なつきさん(@NUTZ_smooVe)もモレスキン・ユーザーで参加!

ツイキャスもしくはUstreamで全世界に放映します。
モバイル環境を整えていただける方の参加もお待ちしております☆(他力本願)

  • Comments (Close): 2
  • TrackBack (Close): 0

おまたせ!モレスキンカウボーイのステッカーだよ!

moleskine_sticker.jpg

前々から依頼のありましたモレスキンのデザインステッカー作ってみました。
敬愛するポップアートのバージョンです。
ご自由にダウンロードして、プリントしてモレスキンに貼ってみてくださいませ。
サイズはモレスキンのポケットサイズに合わせて作ってます。
http://www.blanq.org/test/moleskine/moleskine_sticker.pdf

好評でしたら他のバージョンも作りますね☆

ビンに貼るラベル用の銀色のステッカー作成シートに印刷するのがお気に入りです。

  • Comments (Close): 3
  • TrackBack (Close): 1

Oct 2010 Calendar for Moleskine

  • Posted by: タカヤ
  • 2010年9月16日 22:59
  • Moleskine

calendar2010_10_3D.jpg
よいこのモレスキン・ハニーたち、おまたせ。
2010年度10月分できあがりました、ご利用ください。
http://www.blanq.org/test/moleskine/calendar2010_10.pdf

モレスキン本も出版されましたね!
モレスキン本の、巻頭カラー「LABEL」の項目、上写真がモレスキンカウボーイことタカヤの写真。なんと本名で載っています。自分の名前の漢字が「記」という文字を使うのが実は気に入っている。モレスキンに「記述」する運命だったのかな~と考えています。

この本のおかげで、モレスキンに興味を持たれた方も多くいるのではないかと思います。
モレスキン本を出版されてから当ブログのアクセス数がすごいことになっています。
モレスキン好きなら、ここに来なさい、いつでも待ってるよハニー

すっかり、モレスキンミーティングを毎月のように開催するのが恒例になってきました。
9月度のモレスキンミーティングはTwitterだけで募集したんだが、なんと過去最大の人数になりそう。札幌モレスキンが熱い!

最近はですね、モレスキン・ユーザをびっくりさせるようなことを考えるのが好きになってきました。
当初、モレスキンというと、内省的に使うもので自分の思考と直結していたのですが、最近では外部に開かれたパスポート的な感覚を味わってます。
モレスキンというこのノートブックは、どこに連れて行ってくれるのかわからないところが楽しい。
モレスキン・トリガー(モレスキンを開くためのトリガー)を探す生活にも慣れてきまして、常に好奇心のアンテナが鋭くなっております。自分はどこに向かうのか。アームチェア・トラベリングで「世界の果て」を目指す旅はまだまだ続きますよ。ピース

  • Comments (Close): 0
  • TrackBack (Close): 0

モレ七@札幌 開催場所詳細 飛び入り参加OKです! #moleskineJP

map.PNG

モレスキン七輪@豊平川幌平橋 8/28 13:00-

この赤いピンのあたりです
中の島駅から降りて豊平川幌平橋に向かって歩いて、橋についたら左側あたりが会場です。
不明点ある場合は、mc@blanq.org まで(携帯転送してます)

持ってくる自分の食べ物と飲み物というのはアバウトでOKです。
なんとなく食べたいものとか焼きたいものがあったら持ってきてくださいませ。
自分の分のビールとか飲み物はなるべく買ってきてくれると助かります。
飛び入り参加OKです!

クーラーBOXは一つ持って行きます。敷物と小さな椅子、水用のポリタンクとか、その他なんとなくアウトドアで役立ちそうなものは持って行きます。コンビニは地下鉄中の島駅から歩いてくる途中経路にあります。トイレも近いです

  • Comments (Close): 0
  • TrackBack (Close): 0

Sep 2010 Calendar for Moleskine

  • Posted by: タカヤ
  • 2010年8月16日 01:04
  • Moleskine

calendar2010_09_3D.jpg

2010年度09月分できあがりました、ご利用ください。
http://www.blanq.org/test/moleskine/calendar2010_09.pdf

へい、モレスキンカウボーイです。
モレスキンカウボーイのモレスキン・ハックの記事でモレスキンの96-97ページに貼っているカレンダーはこのカレンダー。毎月だいたい10-20日までの間にリリース中。
モレスキンのポケットサイズにピタっと収まるサイズになっています。ご利用くださいませ。

さーて、8/28のモレスキン七輪@札幌で何焼こうかな~。

  • Comments (Close): 2
  • TrackBack (Close): 0

モレスキンカウボーイのモレスキン・ハック

  • Posted by: タカヤ
  • 2010年8月14日 21:44
  • Moleskine

IMG_9012

モレスキンカウボーイはモレスキンをどのように使っているのか?
普段はモレスキンを使う上での形而上的な概念や考察について書いているんだけど、9月に発売されるモレスキン本の出版に負けないように、たまには物理的なモレスキンの使い方でも書いてみようかなと思っていた。
細部をお見せしたことがあまりないような気がするので、今日は詳細に書いてみたいと思う。

モレスキンは通常3冊を持ち歩いている。それぞれにステッカーを貼って識別している。

左:モレスキン・スクエアード・ポケットサイズ(旧/192ページ)
中:モレスキン・スクエアード・ポケットサイズ(新/192ページ)
右:モレスキン・デイリーダイアリー・ポケットサイズ(1年間1日1ページのもの/400ページ)

最近新しくおろしたばかりのモレスキンとは別に、ちょっと前に使っていたモレスキンの古い情報も参照することが多いので一緒に併せて持ち歩いている。右側のデイリー・ダイアリーは1日1ページを使うダイアリータイプのもので、日記というよりは、その日に考えたことや記録や考察などを書き込んでいる。
「考えたことを書く」、「空白は作らない」ということを目的としているので、少なくとも1日に1回は何かテーマを持って思考する癖がついてきた(この辺は普段のTweetに反映していると思う)



 

防水対策
普段は、右後ろに見えるデルフォニクスのビニール・ブリーフケースに入れてモレスキン数冊をカバンの中に入れている。折りたたみ傘と一緒に入れることがあるので、防水効果を考えて使っている。これはちょうど、モレスキンを2冊入れて、真ん中にペンケースを入れても余裕がある。これのおかげでパタンとたたむことも出来てコンパクトに収まるのが非常に便利。

 

 

モレスキン複数使いのコツ
このように複数のモレスキンを同時利用するので、たまにモレスキン2冊をクリップで留めて持ち歩いたりしている。デイリー・ダイアリーとスクエアード・ポケットを2冊留めするとまるで電話帳みたいにぶ厚くなるのがけっこう好み。

続きは以下をクリック

Continue reading

  • Comments (Close): 0
  • TrackBack (Close): 0

ずっと待ってたよ 9/10モレスキン本が出版!

  • Posted by: タカヤ
  • 2010年8月 6日 13:33
  • Moleskine

さて、まずは昨日8/5、世界モレスキン界において、ものすごい大発表のある一日だった。
Twitter上では1日中お祭り状態となっていて、終日(今も)各場所に飛び火してすごいことになっている。
さてそれは何かというと、なんと世界初のモレスキン本が出版されるといったビッグニュースが飛び込んできたのである。
他の手帳であればファンブックというものはちらほらとあったんだけど、世界的にも有名なモレスキンのファンブックだけが過去に出版されたことが無かったので、まさにお祭り状態!
モレスキンカウボーイことタカヤもその喜びの声の数々を聞いて一人喜びを噛みしめていたわけさ。

"モレスキン「伝説のノート」活用術" 9/10 ダイヤモンド出版よりリリース!

著者は、いつもフレンドリーでモレスキン界のアフロディテもしくはビーナスこと現在はロンドン在住のMoleskinerieJPのYOKOさんこと中牟田洋子さんと、iPhone情報整理術で日本中を震撼させライフハックとEverrnoteについて語らせたら日本一の泣く子も黙るLifehackingJPの堀正岳さん。

第1章 なぜモレスキン手帳が選ばれるのか
第2章 モレスキン手帳に人生を入れる 
第3章 モレスキン手帳を活用する3ステップ 
第4章 モレスキン手帳をビジネスで活用する 
第5章 モレスキン手帳を生活で活用する
第6章 モレスキン手帳DIYカスタマイズ術
第7章 モレスキン手帳と相性のよい文具

世界中の古今東西のモレスキンに関わる技やアイディア満載の本になるとのこと。
しかもですね、このモレスキンカウボーイことタカヤが、この世界初のモレスキン本 巻頭口絵で紹介されます!←これが言いたかった(笑。オールヌードかどうかは買って確認してください。あー早く出ねーかなー。

この本がリリース後、モレスキンユーザも増えることだろうし、BLOGのネタもたっぷり充実させて待ち構えることにします。

  • Comments (Close): 1
  • TrackBack (Close): 0

【本告知】 モレスキン七輪@札幌 8/28 13:00-

Moleskine_Shichirin.jpg
モレスキンミーティング2.0として、
文具と肉の祭典モレスキン七輪@札幌こと「MOLE七」を開催します。

日程:8/28(土) 13:00-START
場所:札幌市豊平川河畔 幌平橋近辺 南北線中の島駅下車徒歩5分
持ち物:モレスキン、もしくは見せたい文房具、自分の分の飲み物と食べ物
予算:2000円くらい?

さー、食って飲んでモレスキンしちゃいますよ。
今回はモレスキンに限らず、文具好きな方もたくさん来て下さいませ☆
開催場は日陰が少なさそうなので、日焼け対策必須です。

それと!来て頂ける方でアウトドア的に協力していただける方大歓迎です。

参加表明は、メールおよびTwitter、もしくはこちらのBLOGコメントで受付致します☆
メール: mc@blanq.org
Twitter: @blanq

-----------------------
8/8 追記
※今回Pocket Wi-fi持って行きます。野外での無線LAN接続が可能です。
 ESS-ID: Moleskine Cowboys
 PW: その場で開示します

雨天時のバックアップは現在考え中。

-------
8/26追記
持ってくる自分の食べ物と飲み物というのはアバウトでOKです。
なんとなく食べたいものとか焼きたいものがあったら持ってきてくださいませ。手ぶらで来てもなんとかします。自分の分のビールとか飲み物はなるべく買ってきてくれると助かります。
飛び入り参加OKです!

クーラーBOXは一つ持って行きます。敷物と小さな椅子、水用のポリタンクとか、その他なんとなくアウトドアで役立ちそうなものは持って行きます。コンビニは地下鉄中の島駅から歩いてくる途中にあります。トイレも近いです

  • Comments (Close): 0
  • TrackBack (Close): 1

モレスキン七輪@札幌

詳細確定のため
こちらを参照願います
【本告知】 モレスキン七輪@札幌 8/28 13:00-

  • Comments (Close): 2
  • TrackBack (Close): 0

Aug 2010 Calendar for Moleskine

  • Posted by: タカヤ
  • 2010年7月15日 22:44
  • Moleskine

calendar2010_08_3D.jpg

2010年度08月分できあがりました、ご利用ください。
http://www.blanq.org/test/moleskine/calendar2010_08.pdf

へいタカヤです。

8月は「モレスキン七輪」やります!(略してモレ七
豊平川で七輪囲みつつ、肉とか焼きながらのんびりビール飲みましょう☆
モレスキンカウボーイがパンチ一発で倒したヒグマでも焼いて食べましょう。

日程決まり次第、また告知します。
モレスキンに限らず、文具好きな方も来て下さいね~。

  • Comments (Close): 2
  • TrackBack (Close): 0

モレスキンと北欧家具

Furniture1

北欧系の一人がけアームチェアが欲しくていろいろ見てきた。
北欧家具というのは、座って数分間じっとしているとなにか伝わってくるものがある。
アームチェアーに座って、遠い国のことを考え、旅をする人のことを「アームチェア・トラベラー」と呼ぶ(らしい)。
気に入った椅子の名前などを徹底的にモレスキンにメモする。

Furniture2

左の椅子は、デンマークのEjner Larsenの60'sデザイン。
何気ない雰囲気だが、存在感を感じる。特にアームチェアの木の質感が良かった。
多分オーク材かな。
窓際に気に入ったアームチェアを置いて、傍らのテーブルにモレスキンでメモするなんてけっこう素敵じゃないかい?

  • Comments (Close): 0
  • TrackBack (Close): 0

モレスキン・ミーティング・レポート!

  • Posted by: タカヤ
  • 2010年7月 2日 17:24
  • Moleskine

Moleskine Tower

お待たせしました!6/19に行われたモレスキンミーティングこと「Moleskine Cowboys Go Sapporo」のレポートです。
サッカーの日本戦とかぶってしまったのですが、5名のモレスキナーな方々が集まっていただき、非常に濃密な時間を過ごさせていただきました。(当初は12名ほどだったのですが、欠席が相次いでしまいました・・・涙)

参加者はさっちんさん、ここおれんじさん、ちひろさん、Ms.Sさん、タカヤです。
なんと、男性は俺一人!美しいモレスキン女子の方々に囲まれながらおいしいお酒と料理を楽しむことができました。

それでは参加者紹介(順不同)。

さっちんさんは、日本文具ブログ界では有名な方でご存知の方も多いはず。
文具と食べ物に関する莫大なる博識を持ち合わせ、すごい気さくで笑顔も美しい方(笑
http://gsrpower.mods.jp/shop/
出会いは、元はたしかMIXIのモレスキン・コミュのはず。

ここおれんじさんは、MIXIコミュで「MOLESKINEで日記を書こうコミュ」を管理されている方。
柔和でキュート、片付けが上手そうな雰囲気と、アイディア満載のモレスキン・スキル!
http://mixi.jp/view_community.pl?id=1251168
出会いは、↑のコミュのはず。このコミュで激しくモレスキン日記の可能性を知りました。

ちひろさんは、北海道の野菜ソムリエでフードマイスター。しかも、なんと文章のプロです。
ふわっとした優しさを感じる方、今回一番のモレスキン持込数!
http://chihirovf.exblog.jp/
ちひろさんもファーストコンタクトはモレスキン・コミュですね

Ms.Sさんは、なんとこの"+++ blanq_text +++"の読者の方!これだけでタカヤ大興奮。
親子でモレスキンを使われており、しかもお母さんが最初に使い出して自分もモレスキンを使い始めたそうです。こういったエピソードだけでグっときちゃいます。MIXIやTwitter始めたら教えてくださいね~。


今回の飲み会はですね、日本を代表するモレスキン・ファンサイト「moleskinerie.JP」でも紹介されていたので、Twitterで全国の皆さんへ実況中継をしながら飲んでいたのですが、何か一言つぶやくとすごいリプライ数でびっくり!
途中、数分間でしたがiPhoneを使ってLIVE配信もやりました。
日本中の方からかなりの反響を頂き感謝!こんなにいろんな人から注目された飲み会というのも人生初でした(笑。

そうそう、今回参加者全員にですね、「モレスキンカウボーイの宝の地図」を渡しています。
この前一人で、このネタのためだけにスコップ持って宝を隠してきました(けっきょくスコップ使ってませんが・・・)。何年後でも良いので、見つかったら教えてくださいね~。

続きは以下

Continue reading

  • Comments (Close): 8
  • TrackBack (Close): 0

【確定】 札幌モレスキン・ミーティング 「モレスキン・カウボーイズ・ゴー・サッポロ」

  • Posted by: タカヤ
  • 2010年6月 7日 23:08
  • Moleskine

moleskine_meeting

モレスキン・ミーティング
「モレスキン・カウボーイズ・ゴー・サッポロ」を開催します!
詳細確定いたしましたので再告知いたします。

内容は、札幌のモレスキンな人々が集結します。
モレスキン持って、お気軽にご参加くださいませ。
みんなでモレスキン・タワー・トライアルの世界記録にチャレンジしましょう!
会話が苦手な方は筆談でどうぞ。札幌モレスキンシーンが熱いぜ!

日時:2010年6月19日(土) 19:00START
場所:星空料理店@札幌市中央区南3条西4丁目ワカツキスクエア10F
持ち物:モレスキン、見せたい文房具
予算:3000円位

参加表明は、mc@blanq.org もしくはTwitter:@blanqまで
人数の都合により、早めにご連絡くださいませ

※【重要】一度表明された方で、まだタカヤより返信のメールが届いていない方はメール不具合により到着していない可能性があります。mc@blanq.org まで再度送信頂けると助かります!

  • Comments (Close): 1
  • TrackBack (Close): 1

July 2010 Calendar for Moleskine

  • Posted by: タカヤ
  • 2010年6月 7日 23:00
  • Moleskine

calendar2010_07_3D.jpg

2010年度07月分できあがりました、ご利用ください。
http://www.blanq.org/test/moleskine/calendar2010_07.pdf

まずはUPまで☆

  • Comments (Close): 2
  • TrackBack (Close): 0

Jun 2010 Calendar for Moleskine

  • Posted by: タカヤ
  • 2010年5月15日 23:04
  • Moleskine

calendar2010_06_3D.jpg

2010年度06分できあがりました、ご利用ください。
http://www.blanq.org/test/moleskine/calendar2010_06.pdf
今月から何かが変わっています。さー、なんでしょう?

最近はですね、海底二万マイルの小説を初めて読んで、かなり刺激されてます。
ネモ船長がたぶん理想の男かも!ネモ船長ならずモレ船長!
アボカドと物体X(例:シャケ、納豆、炒めた豆腐・キノコ)を混ぜた通称「アボカ丼」にもハマってます。これがですねうまいんですよ。

それと既に知っている方もいらっしゃるかもしれませんが、最近通称「モレスキンカウボーイ」という名前を名乗っております。読まれた方もいらっしゃるかもしれませんが、自己紹介も兼ねたエントリーで"Moleskine Snapshot: Takaya"を書きました。モレスキンを形而上的に好きな方であればお読みくださいませ。
http://www.blanq.org/text/2010/05/moleskine-snapshot-takaya.html

札幌もようやく暖かくなってきたので、七輪でいろんなところで焼きますよ!
「七輪&モレスキン」もお楽しみに。
なんと6月はですね、札幌でモレスキン・ミーティングやろうかなーと思ってます。
詳細は近日!

  • Comments (Close): 0
  • TrackBack (Close): 0

marimekko moleskine ?

  • Posted by: タカヤ
  • 2010年5月 6日 15:27
  • Moleskine

marimekko moleskine ?   

やっと札幌にも春が来た!
ようやくモレスキンがフィールドノートになるよ。

今日は車を走らせて郊外の森や平原に行って、しばらく風の音を聴いてきた。
一人で自然の中を歩くのが好きで、遠くまで続く原っぱを眺めていると、頭の中をとめどなくイメージが流れていく。

頭の上でヒバリの鳴く声を聴き、遠くから風に乗って草が海のように流れていくのを眺めながらヨーコ・オノの「グレープフルーツ」に記述されている言葉について考えていた。
想像しなさい 千個もの太陽が いっぺんに輝いているところを

映画「バグダッド・カフェ」の中で、ネバダ砂漠の上空で黄色い砂に霞みながら燃える複数の太陽のイメージが出てきたのを思い出す。ダニー・ボイルの「サンシャイン2057」のシーンで、太陽の傍でスローモーションで焼かれていく猛烈なイメージも思い出す。
たった一つの言葉をきっかけに、頭の中に複数の太陽がかけめぐる。じわりと汗をかく。一人の時間は楽しい。

 

  • Comments (Close): 0
  • TrackBack (Close): 0

Moleskine Snapshot: Takaya

  • Posted by: タカヤ
  • 2010年5月 3日 00:12
  • Moleskine

moleskine cowboy Takaya

名前: タカヤ

年齢: 35
住んでいる街: Sapporo, Japan
職業: グラフィック・デザイナー、
モレスキン・カウボーイ、色んなところのサイト管理してます。

Website:
http://www.blanq.org/text (個人ブログ)

ソーシャルネットワーク:
Twitter: http://twitter.com/blanq
MIXI: http://mixi.jp/show_profile.pl?id=1118551
 
1)今使っているモレスキンノートブックは何ですか?
メインで使っているのはスクエアードとダイアリーのポケットサイズです。メモポケットやフォリオシリーズを併用しています。
スクエアードは頭の中をそのまま書き写すことと、毎日のタスク処理で使用しています。
ダイアリーは日記やアート関連のメモ。フォリオシリーズは仕事の打ち合わせなどで使用することが多いです。
 
2)モレスキンノートブックはどのように使っていますか?
独自の考え方なのですが、「モレスキン・トリガー」という考え方を持っています。
意味は「あ、モレスキンに書いておこう」とか「モレスキンに書きたいな」というきっかけを作るキーワード、または事象のことです。モレスキン・トリガーと自分を、わざと多く出会わせるようにして生活し、その結果、気がつくとモレスキンを開くといった使い方です。
主にモレスキン・トリガーとなることは、「アート」や「人の思考や言動」、「知識」に触れた時が多いと思います。自分が思ったことや考えたこと、日々の生活の中で考え付いた面白いことを大量にメモするのがライフワークになっています。
生活している中で見かけたビジュアルや、アートのイメージや、フォント等をを簡単にスケッチすることも多いです。あとは、Twitterでつかうためのシュールなネタもこのスクエアード・ポケットの中に大量に収めています。モレスキンはインプットとアウトプットの道具として考えています。
それとTwitter上では通称:"モレスキン・カウボーイ"を名乗っています。拳銃の代わりにモレスキンを使うカウボーイです。モレスキン・カウボーイは乗馬はできない。そして投げ縄も不得意。牛や馬も特に世話はしていない。道を歩いていると「お、カワイコちゃん連れてどこ行くんだい?カウボーイ。一人くらいいいじゃねーかカウボーイ」とよくからまれるカウボーイのニュアンスです。こちらでは拳銃の代わりにモレスキンを使用しています。
伝統的なアナログなテーブルゲームなどの自称フリークです(アナログゲームに関する知識やバッググラウンドを探求するのが好きみたいです)。ゲーム上で行われる頭の中で作られている想像力に美を感じます。モレスキンには、そういったテーブルゲームの知識なども書き付けることも多い。
 
3)次はモレスキンをどこに持っていきますか?
自分が住んでいる札幌は、長い冬が続く街なのですがやっと春らしくなってきました。そのため春から秋にかけて、主に森などの自然の中でモレスキンを使うことが何よりも好きです。高校性の頃、当時好きだった子と川岸の原っぱに行って、ただ川の流れをみたり音楽を聴いたりしていた大切な思い出の場所があります。対岸には同じように原っぱが続いていて、サイロが立っていて美しい風景が続いていました。当時高校生だった僕らはその対岸の素敵な風景の場所には行ったことがなかったので、そこに初めて行って見ようかなと考えています。そこでモレスキンに、自分が何を感じるのかを書き留めます。
 
4) あなたは世界に何を伝えたいですか?
「自分のモノの見方を変える」という生活テーマを持って暮らしています。モノの見方が変わると、世界の見え方が変わるという楽しさを世界に伝えたいです。それと「大好きなものについて語るとき、その言葉は必ず誰かを救う」という単純なことを伝えたいです。これらを実践する道具としてモレスキンを使っているという信念があります。
それと、モレスキンって何ですか?という質問をネット上で頻繁に見かけます。そのたびに自分は、こう回答しています。
「モレスキンは紙に線を引っ張っただけのただのノートです。使うことによって少々想像力を刺激してくる不思議な機能があります。モレスキンそのものはあまり面白くありませんが、面白いあなたをモレスキンが書き写します」
 
5) この5年の間に、あなたとモレスキンはどこに向かうと思いますか?
「世界の果て」という甘美な言葉に自分の好奇心を強く刺激され、そのことについてよく想像をしています。今の段階で何となく気づいているのは、それはモレスキンの中(自分の頭の中)に存在しているのだと思っています。モレスキンを使うということは、「世界の果て」を探す冒険なのかもしれません。願いが叶うならば、モレスキンを持って世界中を旅したいと常に考えています。最終的なモレスキンのゴールは「世界の果て」です。

  • Comments (Close): 2
  • TrackBack (Close): 0

あ、モレスキンとカウボーイ!

  • Posted by: タカヤ
  • 2010年4月18日 22:11
  • Moleskine

moleskine cowboy

ふと歩いていると、モレスキンとカウボーイを見かけたので激写。
この直後、変な写真の撮り方をしている自分を彼に発見され、手厚い握手をする(ちょっと嬉しい

  • Comments (Close): 0
  • TrackBack (Close): 0

May 2010 Calendar for Moleskine

  • Posted by: タカヤ
  • 2010年4月14日 20:05
  • Moleskine

calendar2010_05_3D.jpg

2010年度05月分できあがりました、ご利用ください。
http://www.blanq.org/test/moleskine/calendar2010_05.pdf

  • Comments (Close): 1
  • TrackBack (Close): 0

昼下がりの酒とモレスキン

  • Posted by: タカヤ
  • 2010年3月24日 23:38
  • Moleskine

champagne & moleskine

このブログで度々登場する俺のソウルメイト、さわやか変態ことhide104と昼間っから飲んできた。
男二人で昼間からシャンパンを開けるっていうのはさすがに初だ。
モレスキンを傍らに、アートや本や音楽やアホな話ができるというのはとても楽しかったぜ。

ここぞとばかりに彼のカメラでモレスキンを激写(構図が上手なのは、悔しいが彼が撮ってる)。
カメラが違うと雰囲気がまったく違うのが面白い。

彼のモレスキンは電気回路やらルータやらスイッチの図などで埋め尽くされ、僕のモレスキンはボードゲームに関する知識やネタで埋め尽くされている。
二冊のモレスキンが、互いの人格を表している。このように、彼と自分はまったく中身が違うのだが昔から妙に相通じるものがある。
なぜ「さわやか変態」なのかを、いつもこのBLOGで語ってみたいと思っているのだが、言葉ではうまく表現ができない。不思議な男だ。

シャンパンを開けて、ビールをチェイサー代わりにウイスキーも飲んだんだけど、妙にうまかった。

続きは以下

Continue reading

  • Comments (Close): 0
  • TrackBack (Close): 0

モレスキン・シーンについて考える

  • Posted by: タカヤ
  • 2010年3月15日 14:57
  • Moleskine

karimoku60

妹の家のkarimoku60のソファ。モレスキンと共にリラックス。
窓際でポカポカで居心地が良い。ジンジャーエールを飲みながら、くつろぐ。

最近再び、「クラシックなボードゲーム」熱が少し再燃中。
図書館で、過去に読めなかったボードゲームの歴史や、人物関連の図書を借りまくってむさぼるように読んでいる。
どちらかというとゲームそのものをプレイすることよりも、そのゲームに関わる背景や人物に興味があって夢中になる傾向がある。
よく考えると、過去に今まで夢中になったものは全てそうかも。
アイテムそのものより、それを通して「出会う事」や「考えること」、もしくは「背景」に夢中になっちゃうのさ。
「ひげそりにも哲学」といった良い言葉もあるもので、アイテムを持つことや身につけることで受けるインスピレーション的な考え事に夢中になる。
こういった言葉を一まとめにする日本語が難しいんだが、モノを取り巻く環境も含め「シーン」というのも良いかもしれない。

もちろんモレスキンも同じ。
モレスキン・シーンは何年経っても飽きないんだよな~。

自分の場合は、モレスキン本体ももちろん大好きだけど、この小さなノートブックを通じて考えることや、出会う人や、モレスキン・トリガー(※モレスキンを開くためのトリガー、もしくはモレスキンに書くことで自分を誘発するトリガーのこと)が面白いと考えている。
自分の好奇心は、最近ではぜんぶモレスキン・トリガーなので、モレスキンを通じて世界を見ている感じ。モノを偏愛すると、モノそのものに似てくるというのは本当だと思う。

というようなことを考えてる。

  • Comments (Close): 0
  • TrackBack (Close): 0

Apr 2010 Calendar for Moleskine

  • Posted by: タカヤ
  • 2010年3月11日 22:55
  • Moleskine

calendar2010_04_3D.jpg

2010年度04月分できあがりました、ご利用ください。
http://www.blanq.org/test/moleskine/calendar2010_04.pdf

ブログ更新滞ってる!やばいよやばいよ。

  • Comments (Close): 0
  • TrackBack (Close): 0

Mar 2010 Calendar for Moleskine

  • Posted by: タカヤ
  • 2010年2月11日 22:58
  • Moleskine

calendar2010_03_3D.jpg

2010年度03月分できあがりました、ご利用ください。
http://www.blanq.org/test/moleskine/calendar2010_03.pdf

  • Comments (Close): 2
  • TrackBack (Close): 0

必見!めったに見ることができないスペシャル・モレスキンだよ

  • Posted by: タカヤ
  • 2010年2月11日 21:47
  • Moleskine

SFMOMA & The Armory Show Moleskines !

ババーン!俺の友人のさわやか変態ことHide104が、サンフランシスコ近代美術館 (San Francisco Museum of Modern Art、通称SFMoMA)のお土産を買ってきてくれた!わーいわーい!

これらのモレスキンはかなりレアです。
なんと、SFMOMAのロゴ入りのモレスキン・ラージ
それと、近代アートが好きならば誰もが憧れるArmory Showバージョンのモレスキン・ラージ(近代アートの大規模展覧会、アメリカ版のドクメンタみたいな感じね)。

どちらもアート好きならばヨダレもんでございます。ここのところもらったプレゼントで一番サプライズで嬉しかった!しかも俺の好きなロゴの入った紙袋入り。さわやか変態ことHide104は俺のツボをわかってる変態でいいヤツだ。

しかしもったいなくて使えないよ~。

SFMOMA

"SFMOMA Moleskine"
銀色のエンボスロゴが入っていて超クール。
開けたところはこちらを参照

 
The Armory Show

"The Armory Show 2009 Moleskine"
こちらもエンボス風の模様が全体的に入っていて超クール。
開けたところはこちらを参照

  • Comments (Close): 2
  • TrackBack (Close): 0

モレスキン・カスタマイズ

  • Posted by: タカヤ
  • 2010年2月 2日 00:27
  • Moleskine

moleskine sticker01

最近、モレスキンのカスタマイズにちょっとだけハマってる。
今まで、表面にステッカーを貼ったこともないし、ペンフォルダもあまり興味がなかったのだけど突然のようにやってみたくなってしまった。

続きは以下

Continue reading

  • Comments (Close): 1
  • TrackBack (Close): 0

世界の果てをモレスキンの中で探すこと。他人との「ズレ」について。

  • Posted by: タカヤ
  • 2010年1月31日 23:18
  • Moleskine

art&pub

最近、「世界の果て」という甘美な言葉に自分の好奇心を強く刺激されている。

君にとっての世界の果てはどこだろう?
自分の場合、今の段階で何となく気づいているのは、それはモレスキンの中に存在しているのだと思ってる。モレスキンを使うということは、「世界の果て」を探す冒険なのかもしれない。
黄色いカウチにプロペラを付けて、ゴーグルをセットして、世界の果てまで飛んで行く。乾いた砂漠の上空を、君と二人でタンデムで、無言で飛ぶ。そんな妄想ばかりして、モレスキンに書き込んでいる。

先日、ゆっくりと時間をかけて雪原を眺めてきた。
少しだけ暖かな日の翌日の雪原は、表面が少しだけ固まるので、遠くまで歩くことができる。
雪原の中央部分まで歩いて行って、しばらくパタゴニアの牧人の静かな散歩のように沈黙する。定期的に、何もない風景を眺めたり、耳を澄ましても何も聴こえない場所に行くというのは自分にとって重要なこと。視界や聴覚を「白」で埋め尽くす行為は、世界の果てを連想するので多分好きなんだと思う。

世界の果てを探索する最中で気づくことは、自分が他人とは違うという普通のことだ。
自分の心を通して得た世界は、他の誰とも一致することは無い。
一つのオレンジを見て全員が同じ絵を描くような世界があったなら、モレスキンはたちまち味気ない道具になると思う。

ようは他人との「ズレ」が美しいってことさ。
他人とのズレを見つけたなら注意深く観察するべきだと思う。
そこにきっと素敵チックなものが隠れている。

自分の所属する仲良しグループと相手がズレているからってハブにしてはいけないよ。君はそのグループからズレてていいんだよ。昼休みに一人でゴハンを食べてもいいのさハニー。

君がもしも明日、「ロボットを作る図工の授業」があって、たくさんの牛乳パックと割り箸とボタンやその辺に落ちているたくさんのガラクタやゴミ同然のものをたくさん袋に詰め込んで学校に持って行き、目をキラキラさせて得意になって机一杯にザーっと広げた時に、ふと周りを見ると周囲の賢そうな少年達が全員1/60スケールのシャアザクを作っていたとしても、恥じてはいけない。

他人と自分はズレているというごく当たり前のことを、モレスキンに書くこと。
自分の目を通して見た世界に愛着を持って、モレスキンに書き留めること。
モレスキンの中に自分の世界をたっぷりと詰めこんでいくと、世界の果てにたどりつける日も近いのかも知れないねハニー。おやすみ。

  • Comments (Close): 3
  • TrackBack (Close): 0

鞄の中身は意外と片付いてるんだぜ

in my bag

最近ちょいネタばかりですんません。今日も短め。
カバンにどのように収納されているのか、写真撮ってみた。
あまりキレイな写真ではないけどごめんよ。

鞄 LAGASHAのLABORATORY:スーツでもカジュアルでも持ち歩ける。
マチが広く、長年愛用しているけれど意外と言ったら悪いけど、見た目より頑丈でいい鞄。

左上から、順番に紹介

delfonicsのポートフォリオ(緑色):表面はクリームホワイト・中を開くとグリーン。12パートに分かれていて使いやすい。いろいろ書類持ち歩き用。
SIWAのA4封筒(シワシワのやつ):バッグの中の整理用バッグ的に使用。中には文房具や印鑑・厚めの書類・プレゼン用の書類や本などを入れて持ち歩くことが多い。
CHARKAのレターケース?(黄色):封筒や領収書など入れてる
Moleskine スクエアード・ポケット:超重要手帳。この中にあらゆるToDo、ネタが入ってる。
Moleskine デイリー・ダイアリー:日誌・思いついた文章書き用として使用。
Moleskine メモ・ポケット:レシート・領収書・カード類を収納
右下の軍用マガジンケース:ご存知タカヤの色鉛筆セット
Moleskineの影になって見えないけどGIORGIO FEDONのペンケース:LAMY2000の万年筆と4色ボールペンとSwiftを収納。

  • Comments (Close): 1
  • TrackBack (Close): 0

その後のA4サイズのモレスキン・ポートフォリオ

  • Posted by: タカヤ
  • 2010年1月25日 14:27
  • Moleskine

Portfolio

その後のA4サイズのモレスキン・ポートフォリオ

いまではすっかりA4サイズの書類や封筒、紙切れなどなんでも放り込むBOXになっている。
最初のころはTABをちゃんとつけて、カテゴリ分けして放り込んでいたのだけど、最近では大雑把になりすぎて、なんとなくでしか分けてない(笑。まぁ自分がわかればいいんだけどさ。

モレスキン・ポートフォリオの使用感についても書いておく。
自宅でファイリングするのに最適な感じかな。タブをつけて、カテゴライズした用紙を放り込むには最適。ちょっと重たい上にかさばるので持ち歩くのには向いていない。

海外の映画に出てくるちょっとオールディーズな雰囲気のオフィスで、埃をかぶってるような木の引き出しを引っ張り出すと、タブのついたフォルダがたくさん並んでて、たくさんの書類をファイリングしてあって、指先でA-Zをパラパラとめくって目当ての書類を探し出す仕草にけっこうグッとくる。
FELLOWESのバンカーズボックスがずらーっと並んだ佐藤可士和氏のオフィスの写真も壮観でカッコよかったな。

 

Continue reading

  • Comments (Close): 2
  • TrackBack (Close): 0

スーツの時、モレスキンはどこに入れるべきか?

  • Posted by: タカヤ
  • 2010年1月12日 21:11
  • Moleskine

IMG_8611.jpg

仕事中は大体において、モレスキンは鞄に入れて持ち歩いているのだけど、
鞄を持ち歩けない時は、スーツの左内ポケットに入れている。

サイズは割りとピッタリ収まる感じ。
右内ポケットはiPhoneを入れている。

細めのシルエットのスーツの場合、
スーツの前ボタンを閉じるとちょっときつい感じがするので、この場合はボタンを開けていることが多い。

ペンは、普段はやはりペンケースを使ってカバンの中に入れているのだけど、
スーツでペンを携帯するときはYシャツのボタンにさす事が多いかな。

※もちろん手で持ち歩くのもカッコいい!

  • Comments (Close): 2
  • TrackBack (Close): 0

FEB 2010 Calendar for Moleskine

  • Posted by: タカヤ
  • 2010年1月11日 22:30
  • Moleskine

calendar2010_02_3D.jpg

2010年度02月分できあがりました、ご利用ください。
http://www.blanq.org/test/moleskine/calendar2010_02.pdf

まずはカレンダーアップまで。
後日、文章追加予定。

  • Comments (Close): 0
  • TrackBack (Close): 0

デイリー・ダイアリーにラベルをつける

  • Posted by: タカヤ
  • 2010年1月 9日 23:33
  • Moleskine

moleskine_label

数年にわたって書かれ続ける。モレスキン・デイリー・ダイアリー
1日1ページをちゃんと書き続けてとうとう4冊目になった(緑色のラベル)。
この間にいろんなことがあった。日々の生活が旅みたいなもんだ。

数年の間の出来事を読み返しながら、マスキングテープでわざと内容がわかりづらいラベルをつけてみる。

  • Comments (Close): 4
  • TrackBack (Close): 0

Happy moleskine year !!

  • Posted by: タカヤ
  • 2010年1月 2日 01:06
  • Moleskine

2010

あけましておめでとうございます。
今年の皆さんのモレスキンが、幸せなことをいっぱい書き込んでたっぷり膨らみますように!
ビバ・モレスキン!

  • Comments (Close): 4
  • TrackBack (Close): 0

モレスキン・トリガー マドレーヌのように泣く日もあるさ

  • Posted by: タカヤ
  • 2009年12月30日 00:50
  • Moleskine

zoo

本日、モレスキン用語で一つ思いついた。

モレスキン・トリガー」という言葉。
意味は、「あ、モレスキンに書いておこう」とか「モレスキンに書きたいな」というきっかけを作るキーワード、または事象のこと。

あなたは「ノートを開いてそれを書き留めたい」という気持ちを持ったことはないだろうか?
それは難しいことでも何でもなくって、良いペンを手に入れたときや、印象的なアートを見つけたとき、気になる本を見つけたとき、自分にとって大切な言葉を見かけたとき、色々。
そういった書き留めるきっかけを「モレスキン・トリガー」と名づけてみた。

モレスキン・トリガーにより僕らは想像力を刺激され、モレスキンに直結する。

最近Twitterで140文字内でつぶやいたモレスキンに関する言葉を羅列しておきます。
それは誰かのモレスキン・トリガーになるかもしれないので、アーカイブとして残しておく

続きは以下

Continue reading

  • Comments (Close): 3
  • TrackBack (Close): 0

Jan 2010 Calendar for Moleskine

  • Posted by: タカヤ
  • 2009年12月15日 15:29
  • Moleskine

calendar2010_01

2010年度01月分できあがりました、ご利用ください。
http://www.blanq.org/test/moleskine/calendar2010_01.pdf

とうとう今年も終わりに近づいてきましたね。
今年はタカヤのモレスキン生活において、いろいろあった年でした。 

今年の5/9にMoleskinerie.jpに僕のカレンダーを取り上げていただいてから、毎月カレンダーを連載して頂いてます。
他にも、僕の考えたMoleskineネタが海外(http:/www.moleskinerie.com)で紹介されたり、モレスキン・キャッチコピーイベントを行ったり、来年度のモレポケカレンダーをリリースしたり、多くのことがありました。

MIXIとTwitterで知り合った多くのモレスキンユーザの方々と雑談して、たくさんの方々とつながることができたことが一番大きいですねー!
ただの一冊のノートブックを通じて、いろんな人間とつながっていくってことが本当にスゲーと思います。だって、ただのノートですよ(笑。だけど、世界中でこのノートに夢中になっている人がたくさんいる。やろうと思えば海外の多くのユーザともつながることもできる。これってパスポートじゃん、みたいな。

最近、TwitterやBLOGで、Moleskine(モレスキン)とは何でしょうか?と問合せを頂くことが何度かあった。誰に聞かれても揺るぎのない答えを考えて、僕は次のような答えを用意しています。

モレスキンはただの線を引っ張っただけのノートです。ですが、少しだけ想像力をプラスする機能があります。

僕の好きな小説で、「君に、この胡麻一粒程度の想像力があれば、全ては可能だ」という主人公のセリフが好きでよく覚えています。
「想像してごらん」とジョン・レノンとオノ・ヨーコが言うように、ほんの少しの想像力があれば、ただのノートブックがただのノートブックではなくなる。そういうことだ。

たくさんのmoleskineユーザの方々へ、来年度もよろしくお願いします!
moleskinerie.jpのYOKOさんには本当に感謝!

  • Comments (Close): 0
  • TrackBack (Close): 0

#moleskine 2010年度モレポケカレンダー(blue version)配布中

  • Posted by: タカヤ
  • 2009年12月 2日 22:53
  • Moleskine

molepoke_calendar_b.jpg

molepoke_calendar2010b1

molepoke_calendar2010b2

orikata.jpg

第二弾!
2010年度モレポケカレンダー

今度はクールな雰囲気で作ってみた。ちょっと迷彩風味なバージョンです。

昔なつかしの山折、谷折を繰り返すことにより、小さなパンフレットみたいな小冊子風なカレンダーになります。A4用紙を8つ折りして、ちょうど Moleskineの背後のポケットに収めてご利用ください。下記画像を参照してくださいませ(今年から、山折谷折など表面に書いてないんです)。

表面が1月から6月、裏面が7月から12月となっています。
裏表にひっくり返して印刷してリバーシブルでお使いください。
できればフチ無しでの印刷でお願いします☆

ノリは不要ですが、ノリノリで作成してください。

表面
http://www.blanq.org/test/moleskine/molepoke_calendar2010b1.pdf

裏面
http://www.blanq.org/test/moleskine/molepoke_calendar2010b2.pdf

まずは、UPまで。
あとで文章編集します。

※参考までに去年のカレンダー

  • Comments (Close): 0
  • TrackBack (Close): 1

#moleskine 2010年度モレポケカレンダー(pink version)配布中

  • Posted by: タカヤ
  • 2009年12月 2日 17:27
  • Moleskine

3d.jpgmolepoke2010a1.jpg

molepoke2010a2.jpg

orikata.jpg

     できたよー!第一弾!
2010年度モレポケカレンダー

昔なつかしの山折、谷折を繰り返すことにより、小さなパンフレットみたいな小冊子風なカレンダーになります。A4用紙を8つ折りして、ちょうどMoleskineの背後のポケットに収めてご利用ください。下記画像を参照してくださいませ(今年から、山折谷折など表面に書いてないんです)。

表面が1月から6月、裏面が7月から12月となっています。
裏表にひっくり返して印刷してリバーシブルでお使いください。
できればフチ無しでの印刷でお願いします☆

ノリは不要ですが、ノリノリで作成してください。

表面
http://www.blanq.org/test/moleskine/molepoke2010a1.pdf

裏面
http://www.blanq.org/test/moleskine/molepoke2010a2.pdf


まずは、UPまで。
あとで文章編集します。

※参考までに去年のカレンダー


折り方は以下の画像を参照! 

molepoke2

molepoke

  • Comments (Close): 4
  • TrackBack (Close): 0

#moleskine(モレスキン)キャッチコピー 随時募集&更新中!

Santa Claus

君がどれほど素敵でも、的確に宣伝されなければ忘れ去られてしまう ---ウォーホル

iPhoneがケータイと呼ばれず「iPhone」と呼ばれるように、Moleskineがノートと呼ばれず「モレスキン」と呼ばれるということに気がついた朝。どのように相手にモレスキンを伝えるべきなのか?ということについて考えていた。そこで、キャッチコピーを考えたり、募集しようと思い立ちました。

Twitterとの連動企画!
「Moleskineキャッチコピー」を随時募集しています。
@blanq宛でTweet頂くか、こちらの記事へコメント投稿願います。
こちらの記事は随時更新していきますねー。

まずは敬意を表し、
Twitterユーザの方々から投稿いただいたキャッチコピーを紹介いたします(投稿順です)。
投稿頂きました方々、多謝!
気に入った言葉の人をフォローしてみてはいかがでしょう。そこから恋の始まりが!

Continue reading

  • Comments (Close): 21
  • TrackBack (Close): 0

Dec 2009 Calendar for Moleskine

  • Posted by: タカヤ
  • 2009年11月16日 13:37
  • Moleskine

calendar2009_12

へい、カレンダーいっちょう。
2009年度12月分できあがりました、ご利用ください。
http://www.blanq.org/test/moleskine/calendar2009_12.pdf

もうちょっとで12月ですよ!早いですね。
ということで、もちろん来年度のモレポケカレンダー(Moleポケットに入れて使う折りたたみカレンダー)も作成中です!作業難航しておりますが必ず出します!お楽しみに。

さて、タカヤのMoleskine的生活を報告します。
ここのところTwitterにハマっているのは周知の通りなのですが、相変わらず毎日のようにアホ系のモレスキンネタをつぶやいております(最近「顔出し」してます)。実際にモレスキンを使っている人といろんな雑談ができることに喜びを感じています。最近では「モレモレー!」とモレスキンユーザ同士が挨拶するのがごく一般的な状態(半分ウソ)。
モレスキンに「手を使って書き留める」ってことが、とってもセクシーでアートな行動であると考えておりますので、皆様の想像力を少しでも刺激するようなお手伝いができたら嬉しいです。

「失ったMoleskineを手に入れるまでの考察」も随時連載中です。
長くひっぱりすぎですみません。年内中に最終回を迎えたいのですが・・・

  • Comments (Close): 8
  • TrackBack (Close): 0

失ったMoleskineを手に入れるまでの考察 #7

pumpkin

前回の続き:Moleskineを受け取りに札幌から小樽へ僕は向かった。


本当はどこか近辺を歩き回って、暇をつぶしてから訪問しようと思っていたのだが、モレスキンのことが気になっていたので直接待ち合わせ場所のお店まで行くことにした。

小樽市街からはずれ、運河から海側を回ると半島のようになった方向へ行くことができる。いくつかのトンネルをくぐっていくと、その半島の先端に灯台がある。途中には岩場の小さな浅瀬が続く泳げる場所がいくつかあり、小さな頃は何度か海水浴で来た事もある。

その店は、その灯台に抜ける道の途中で、海に面して佇んでいる。
海側のデッキには白いテーブルが並べられており、夏場であれば日よけがデッキの上側を覆い、遠くには白いヨットが見えるだろう。少し歩けば灯台まで行くこともできる。

17時頃だろうか、予定よりも早い時間に僕はそのカフェに到着した。
約束の時間よりも1時間ほど早い時間ではあったが、日も暮れ始めていたのでお店の中に入ってみることにした。

Continue reading

  • Comments (Close): 4
  • TrackBack (Close): 0

失ったMoleskineを手に入れるまでの考察 #6

muscat

前回の続き:僕のMoleskineを発見したBとの対話。小樽のカフェで会って受け取る約束をした。

僕らは、灯台の近くの海に面したそのカフェで会うことを約束し電話を切った。


結局、そのお店で、Bは勤務をしているのか、それとも訪れるのかがわからない状態で漠然としたまま電話は終了した。電話が終わった後も僕はぼんやりしていたが、時間が経過するにつれてそれは薄れていった。雲自身が空をこの方向に動いていくのを知らないように、僕自身も知らないことがきっと多いのだ。

Continue reading

  • Comments (Close): 2
  • TrackBack (Close): 0

失ったMoleskineを手に入れるまでの考察 #5

  • Posted by: タカヤ
  • 2009年10月21日 22:30
  • Moleskine

mole_tower

前回の続き:半ばあきらめかけていたところ、僕のMoleskineを発見したとBからの電話が入る。


「ベンチの上に、あなたのノートが置かれていました。」
それはまるで異国の人に車のクラッチについて説明するように、ゆっくりとしたしゃべり方だった。

電話の向こう側で、Bは公園でモレスキンを発見したことを僕に伝えた。僕が無くした翌日の朝、犬の散歩の際に見つかったそうだ。公園のベンチの上で僕のモレは、ぽつんと置き去りにされたチワワのように置かれていたとのこと。モレスキンの冒頭のページに記載されている僕の電話番号を確認し電話をかけてきたそうだ。彼女は自分の名前と要点をシンプルに伝えると、微かに沈黙をした。
そのかすかな空白の後ろ側でフィッツジェラルドの「エイプリル・イン・パリス」がかけられていることに気がつく。もう10月にもなるというのに、ボーカルはただ静かに4月のパリのことを歌っていた。

Bはどこかの店舗から電話をかけてきているのだろうか?店舗で勤務しており、その仕事の合間に電話をかけてきているのだろうか、僕の頭の中では様々な想像がかけめぐった。
僕はBとの対話の際に、静かに応対していたものの、このまま見つからないものだと半ばあきらめ気味であったモレスキンが見つかったとの連絡を受け、少しどきどきしていた。

彼女は僕の言葉を待つ、気の利いた言葉を捜すが特別思いつかず、「ありがとうございます」と僕は伝えた。不思議なことにその言葉は、意味を軽く失って宙にういているような気分がした。なぜかその場に相応しくない言葉を述べているような感覚だろうか。

Continue reading

  • Comments (Close): 8
  • TrackBack (Close): 0

失ったMoleskineを手に入れるまでの考察 #4

tab

いやーお待たせしました!

前回の続き:無くしたモレスキンがなんと写真の中に!写っているのを見つけたのはほんと驚きだった。(前回の写真の中央部分をごらんくださいませ)

ここです、ここ

このときの写真は、小樽で演奏本番前に近くの公園でギターの指慣らしをしていたときである。たまたま、この公園の中にあったオブジェがあまりに大きいため、モレスキンとの対比を撮ったらオモシロイだろうと考えて撮影した一枚である。(※ちなみにこの大きなオブジェはでかいナベのように見えるが、海の上で船をつなぎとめておくためのブイとのこと。重さ7トンだったかな)
さて、ここで解説したいと思うのだが、重症なモレスキナーは自分の持っているモレスキンがあまりに可愛いので、様々な場所で写真に撮ってしまうものなのだ。心当たりのあるモレスキナーな方々はたくさんいるだろう、フフフ。

しかし、この写真にモレが写っているのを見つけた瞬間はかなり大慌て!公園に置き忘れたと気づいたわけですよ、そりゃ焦る。そこで最初にやったことは小樽警察署に電話をしたのである。

「すみません!遺失物に関する問い合わせなんですけど・・・」
「あー、はいはい、いつなくされました?どんなものでしょうか?」
「9/20に小樽内の○○公園で、黒いノートブックを紛失したみたいなんです!届けられてないですか?」
と係の人に聞いたところ、最初はやる気なさそうだったのに「黒いノートブック」と言ったところでちょっとピリっと空気が張り詰めた気がした。
「黒い?ノート?何が書かれているんですかっ?」っとちょっと声が張り詰めたように問いただされる自分・・・。デスノートじゃないんだよー。
結局面倒くさいやり取りの末、依然として小樽の警察側には届いていないことが判明。

それから数日間はいろいろ仕事をしようと思っても手につかず、呆けた気分がしていた。
大げさじゃないけれど、内臓を一個無くしたような気分というのだろうか、いまいち何をやっても集中できずにいた。

さて、そんな日々を過ごしていたある夜のこと。家の電話が突然鳴るのである。
電話にふと出ると、それは見知らぬ女性の声であった。
電話の向こう側で、うっすらとフイッツジェラルドの「エイプリル・イン・パリス」がかけられていることに気がつく。彼女の声は小さな声で、恐る恐る電話をかけてきたせいか、かすかに震えていた。

彼女の名前は「B」。
モレスキンをめぐる冒険はここから始まる。

  • Comments (Close): 10
  • TrackBack (Close): 0

Nov 2009 Calendar for Moleskine

  • Posted by: タカヤ
  • 2009年10月13日 12:36
  • Moleskine

calendar2009_11.jpg

"November 2009 Calendar for moleskine pocket"
download URL : http://www.blanq.org/test/moleskine/calendar2009_11.pdf

※なんと今月から「月齢」が入るようになりました。

  • Comments (Close): 0
  • TrackBack (Close): 0

TwitterとMoleskine!

  • Posted by: タカヤ
  • 2009年10月 1日 12:29
  • Moleskine

ランプ

どもども、タカヤです。
最近Twitterにけっこうハマってます。
この気軽さ!こういったコミュニケーションが自分と合うらしい。

Twitterについて改めて説明すると、ようするに、一言投稿するチャットのようなもの。

その一言は、つぶやき(Tweet)と言われている。
ここが面白くて、普通のチャットと違って、あくまでもつぶやきなので、好きなことをボソっというような感じである。相手の発言も、大半はつぶやきなので、ひとつひとつに対してもちろん反応を返す必要はない。もちろん相手のつぶやきに対して、反応を返すこともできる。話題の流れに敏感に沿って発言する必要もない。「ハラへったー」といった後に、とつぜん「ケルト民族の文化」について語って、「Moleskineにつかうインク」について語って、その後いきなり「盗んだ小豆で走り出す~♪」と歌っても良いし、「イタイのイタイの屯田兵!」と一発ギャグをかましても良いのである。

続きは以下

Continue reading

  • Comments (Close): 0
  • TrackBack (Close): 0

失ったMoleskineを手に入れるまでの考察 #3

nabe ?

さてさて前回の続きです。
あらすじ:小樽でMoleskineを紛失したタカヤ大ピンチ!書かれている内容はかなり重要だった!ダダーン!

さて、お待たせしました、このネタなかなか引っ張ってます。お付き合いくださいませ。

Moleskineを紛失した場所を、今から十年前に犯罪を犯し逮捕され尋問をうける犯人のように必死に思い出す。
しかし、普段、この「思い出す」という作業をしたくないからこそMoleskineを愛用してなんでも書き込んでいるワケですよ。一日の行動をタカヤがいちいち覚えているってことは稀な状態なのだ。普段使わない記憶チップを必死に使ったのでオーバーヒート。

宇宙空間で推進能力を失ったロケットでどうやって地球に帰ろうかと考えている宇宙飛行士のように途方にくれていたのである。そこで、タカヤは衝撃的なアイディアを思いついた。
その日撮影したカメラに何かヒントがあるかもしれないと思ったのだ。

そこで撮影した写真を細かくチェックすると・・・・・そこに↑この写真が!!!

よーく見てください。
中央部分にMoleskineが!!!

To Be Continued !! 

  • Comments (Close): 0
  • TrackBack (Close): 0

失ったMoleskineを手に入れるまでの考察 #2

seat

前回の続き
あらすじ 小樽に演奏に行き、翌朝Moleskineを無くしたことに気がついた!

Moleskineを無くした時、紀行作家ブルース・チャトウィンの「このノートをなくすことはパスポートをなくすくらい災難だ」なんて言葉を様々な場所で見かけては、「しかし俺は無くしておらん、そいつは災難だったな」、とまったく他人事だったのだが、当の本人になったところかなり頭の中が真っ白。

無くしたアイテムは、「Moleskine ポケット スクエアードノート」。
書かれていた内容と損失レベルについて考える。

続きは以下

Continue reading

  • Comments (Close): 3
  • TrackBack (Close): 0

失ったMoleskineを手に入れるまでの考察 #1

real wizardry

親愛なる某ブログへのオマージュ。リアル・ウィザードリィ。
無くしたMoleskineを求めて旅にでることを暗示した一枚

さてさて、海の町小樽、某所のイベントにて演奏してきた。
写真は、楽屋へと続く道。なんだか昭和レトロな感じでカッコいい感じ。
小樽は街の随所に古い日本を漂わす不思議な雰囲気があって、愛せる街である。
タカヤは、尾道、金沢、函館、小樽を愛しております。

演奏も無事終わり、知り合いと小樽の味覚を堪能して帰宅。

そして次の日の朝。Moleskineが無い!
やっちまいました!初の紛失です!蒼白・・・あ"~

続く!!!

  • Comments (Close): 2
  • TrackBack (Close): 0

Oct 2009 Calendar for Moleskine

  • Posted by: タカヤ
  • 2009年9月17日 14:09
  • Moleskine

October 2009 Calendar for moleskine pocket

"October 2009 Calendar for moleskine pocket"
download URL : http://www.blanq.org/test/moleskine/calendar2009_10.pdf

  • Comments (Close): 0
  • TrackBack (Close): 0

ほい来た

2010 diary
来年の日誌(デイリー)、スケジュール表(ウィークリープランナー)。
相変わらず毎年、Moleskine増幅中!
今日はチョイネタのみ、お休みなさい

  • Comments (Close): 2
  • TrackBack (Close): 0

BLOG再開、来年の手帳について

  • Posted by: タカヤ
  • 2009年9月 9日 14:00
  • Moleskine

leaf

お久しぶりです、タカヤです。
長きにわたり作業用のPCがすべてトラブル続きでひどい目にあったのですが、ようやくまともな環境に戻りました。ということでブログもぼちぼち更新していこうかなと思ってます。

すっかり夏の間、Moleskineを持ってフィールドで書き綴るといった生活をくりかえしていた。夏の間イベントやら何やらで外にいることが非常に多く、PDAとしてMoleskineは大活躍な感じ。
最近、PCトラブルのおかげでデジタルデータをあまり信用していないこともあったので、iPhoneにもメモはしなかった。やっぱりメモは紙とペンっすよ、紙とペン!

続きは以下

Continue reading

  • Comments (Close): 2
  • TrackBack (Close): 0

Sep 2009 Calendar for Moleskine

  • Posted by: タカヤ
  • 2009年8月16日 00:05
  • Moleskine

calendar2009_09.jpg
"September 2009 Calendar for moleskine pocket"
download URL : http://www.blanq.org/test/moleskine/calendar2009_09.pdf

  • Comments (Close): 2
  • TrackBack (Close): 0

近所を旅するために航空チケットを予約する

bauhause 3colors ?

ずーっとメインのパソコンがぶっ壊れているので、最近の自分の作業デスクは森の中にぽつんと置いてある木の机となっている。サーモマグにカキっと冷えたアイスコーヒーをたっぷりと作って持っていって、道の途中のパン屋でカルツォーネを買って、森の中でコリコリと食べるわけである。

最近はこのように、Moleskineに3カラーの見出しをつけて、それぞれのカテゴリに「Next action」、「project」、「memo」などを書き込むようにしている。関係ないが、Moleskineに3原色の色を組み合わせるとなんとなくバウハウス カンディンスキー風味である。

続きは以下

Continue reading

  • Comments (Close): 5
  • TrackBack (Close): 0

さりげなく書き留めた言葉について、一日中考えることがある

moleskine and flower

最近moleskineに書きとめている言葉で気がついたこと。

ふと思いついたことや、さりげなく書き留めた言葉で、一日中そのことについて考えている日というのがある。
この前、iPhoneで女性ボーカルが歌う曲を聴いて、「あ、この曲、いい曲だな~」と感じて"Reminiscing"という曲名をMoleskineに書き留めた。

直訳すると「思い出すこと」もしくは「思い出話」という言葉。
しかし、その意味の裏側には日本語に訳すのが難しい部分があって、「記憶したことが、その直後よりも、時間を経過した後のほうがはっきりと思い出されること」という意味合いを持つらしい。
それまでは"Reminiscing"という言葉が自分の中で「思い出」と変換されていたのだが、そのことを知ってから曲名を見ると、彼と別れた後の女性の気持ちを歌った曲なのだなと気がつくことができた。物事の見方が変わる。
そして、自分の過去に対する"Reminiscing"について一日中考えて、センチメンタルな気分になるのである。

ブラジル音楽を演奏していると気がつくのだけど、歌詞のひとつに「サウダーデ」という言葉が出てくることがある。この言葉も、日本語に訳すのが難しい言葉と言われている。この辺は興味ある方は調べてみてください。

まぁ何が言いたいのかというと、
ひとつの言葉や物事に対して、最初から決まった意味が用意されているわけではないということ。
答えは一つではない。正しいことにこだわってはいけない
まぁそういうこと。

※補足:"Reminiscing"を歌っているボーカリストの女性はじつはかなりファンです。

  • Comments (Close): 4
  • TrackBack (Close): 0

Aug 2009 Calendar for Moleskine

  • Posted by: タカヤ
  • 2009年7月15日 11:47
  • Moleskine

calendar 2009_08

"August 2009 Calendar for moleskine pocket"
download URL : http://www.blanq.org/test/moleskine/calendar2009_08.pdf

  • Comments (Close): 0
  • TrackBack (Close): 0

世界の果てについて、クーソーしてから寝てください

  • Posted by: タカヤ
  • 2009年6月29日 22:51
  • Moleskine

color pencil

Moleskinerie.comは、全てのノートブックで同様の創作が行われるわけではない、という提案のもと作られたブログである。<中略> モレスキンは私の執着ではなく、姿勢である。
Moleskinerie.com Armand.B Frascoの言葉

連日、このmoleskineという黒いノートブックについてエントリーを続けているのだが、まったくもって話題が尽きないことに気がつく。"全てのノートブックで同様の創作が行われるわけではない"という表現がとても気に入っている。このことが、この小さな黒いノートブックに多様性を持たせているのだと思う。また、常に持ち歩いているので、共に経験する冒険が多いことも関係しているのかも知れない。

続きは以下

Continue reading

  • Comments (Close): 3
  • TrackBack (Close): 0

moleskineを持って、世界の果てまで行こう

mole_wood

すっかり札幌も夏になった!
今日もmoleskineを持って出かけてきた。そのとき書いたものを載せておきます。徹底的に字が汚いのだが、味ってことでよろしく。タカヤのmoleskine daily diaryはこんな感じでグシャグシャびっしりと埋めております。ボルドーのインクも味があっていいでしょ?

Continue reading

  • Comments (Close): 8
  • TrackBack (Close): 1

moleskineと旅について

car

moleskineエントリーシリーズ

ここのところ、moleskineのことばかり考えていたら、旅に対する欲求が強くなってきた。
今日掲載の写真はとある国を旅行している時の風景です。

「パスポートがなくなるのと同じくらい、ノートがなくなる事は私にとって大きな災難だ」
moleskineを愛用していたイギリスの旅行記作家ブルース・チャトウィンの気持ちもなんとなくわかる。ヘミングウェイも海が見える街を見下ろしながら、moleskineを旅先の書斎に並べたんだろうか。

旅に出るときは、一冊のタフなノートブックを持っていくことをお勧めする。

僕も旅に出かけるときは、バッグにmoleskineを2冊ほど詰め込んで持っていく。そして旅先で手に入れたチケットや紙を挟み、ポラロイドで撮った出会った人の写真や連絡先、スケジュールや見聞きしたことをそのまま書き込んでいく。ただ、旅先の異なる空気の中にいるだけで、自然と、カラフルで見た目も楽しくなるようなノートブックが出来上がる。

そういえば、旅行が生活の一部になっている知り合いが、「滞在先で、親しい知り合いが3人できたなら、それはその街の去り時が近づいている」と言っていた。「どこどこにおいしいお店がある」といったように街の中をいろいろ紹介することができるようになったなら、それは街にお別れをして次の街に移動する時期にさしかかっているのだという。こういった生活も世の中にはあるのだ。
僕の場合は、自分の体がどこか別な場所に移動しているという感覚を味わうのが割りと好きだ。そして、その場所でしか味わうことができない空気を体の中に取り込むのが気持ちが良い。テントや滞在先で本を読むのも心地よい。moleskineを持って、その旅先のカフェに飛び込んで、汗をぬぐいながらやたらガムシロップの入った甘いアイスチャイなど飲みながら、そのときの気分や味わったことがリアルタイムに書き込まれていくのである。

続きは以下

Continue reading

  • Comments (Close): 0
  • TrackBack (Close): 0

moleskine wallpaper for iPhone

moleskine_iphone_wallpaper

"moleskine wallpaper for iPhone"

小ネタ
moleskineにiPhoneを埋め込むというのはよく聞きますが、iPhoneにmoleskineを埋め込んじゃってくださいというコンセプト。iPhone用のmoleskine壁紙です(スキャンしてフォントちょっといじっただけ...)。
iPhoneには指先でパっとメモを手書きできるアプリの数々がある。
やろうと思えばmoleskine的な使い方ができるか考えてみたのだけど、アプリを立ち上げる手間とか、保存する手間、簡単なスケッチを書く手順が面倒といった点があるので、「考え」を保存するんだったらやっぱりmoleskine。自分の場合は、ペンを持って小さなノートブックに向かうことで、一つの物事を集中して考えることができる。

Continue reading

  • Comments (Close): 0
  • TrackBack (Close): 0

Calendar for moleskine pocket

  • Posted by: タカヤ
  • 2009年6月17日 15:40
  • Moleskine

"July Calendar for moleskine pocket"
download URL : http://www.blanq.org/test/moleskine/calendar2009_07.pdf
this calendar can be downloaded between from 10th to 20th every month.

このmoleskine専用の月別カレンダーは、実は2年程前からMIXIのコミュニティを中心に配布してきたものです。毎月10日から20日までの間でダウンロードできるようにしています。このブログでは、実は最初の一回しか掲載したことがなかったんです。
moleskineのオフィシャルファンサイト:moleskinerie日本海外共に当ブログを紹介していただいたおかげで、世界中からアクセスして頂けるようになったので、このブログでもカレンダーを配信していくことにしました。

使い方は、印刷して切ってmoleskineに貼るだけ。
ぜひご利用くださいませ。シンプルなカレンダーなので使いやすいですよ。

  • Comments (Close): 2
  • TrackBack (Close): 0

ヤァ!ヤァ!ヤァ! ハイテクがやってきた

  • Posted by: タカヤ
  • 2009年6月 9日 16:03
  • Art | Moleskine

monalisa

ちょっと違う話題。

ずっとプリンタが壊れていて、どうしても印刷しなければならないときはネットプリントや近所の方からプリンタを借りるという荒業でしのいでいたのだが、やっとハイテク導入。
プリンタとコピーとFAXとスキャナとカードリーダー一体型の複合機を購入!
昔の機械しか知らないので、うぉー早い!とか何コレ?線つながなくていいの?とかいちいち驚いてます。

これがまた嬉しくて、なんでもかんでもスキャンしてます。
つぅことで、近日moleskineへのスケッチなどのスキャン画像などアップ予定!

  • Comments (Close): 2
  • TrackBack (Close): 0

【俺だけmoleskine2.1祭り】 #01 "ストラップ"

  • Posted by: タカヤ
  • 2009年6月 6日 12:46
  • Moleskine


moleskine strap5

moleskineエントリーシリーズ

先日まで、世界的な応募をかけていたmoleskine2.0のコンペティションがありましたねー。
内容は、moleskineを使った革新的なアイディアの募集といったものです。

■Creativity and imagination(創造と想像)
■Organisation and productivity(整理と生産性)
■Archive and memory(記録と記憶)
■Fun and innovative hacks(面白くて、革新的なハック)

以上のカテゴリーで応募していたのですが、スピーカーつきのmoreskineとかなんともすごいアイディアのものがありました。1位の賞品が「一生分(1年間5冊まで50年分)のモレスキンノートブック」!しかし、すでに5/31で締め切り。タカヤは残念ながら応募ができませんでした。
さて、それで次回のmoleskine3.0まで待てないぜ!ということで、moleskine2.1祭りタカヤ一人で脳内開催中。

最近実は、moleskineを持ち運ぶためのケースについてかなり真剣に考えてた。
PORTERとReal produceから過去にmoleskine専用バッグは出ていたんだが、デザイン的にあまり好きではないのでいろいろ思考中。その考えの一環として、野外などでmoleskineを使うためのハックで思いついたのが本日の作品(こういう発見をセレンディピティといいます。僕の特技です)。moleskine2.1祭り第1回目は「moleskine ストラップ」。

実はmoleskineのストラップなんていくらでもありそうだと思っていたんだが、WEB上でいくら検索してもでてこないので驚いた。もしかしてこのエントリーが世界初?!(少し興奮中。他に見つけたなら教えてください)。
野外で記述するには首にかかっていたほうが使いやすいのでこういったストラップがあってもおかしくないと思ったワケです。

さて作り方は以下

Continue reading

  • Comments (Close): 0
  • TrackBack (Close): 0

iPhoneとMoleskine

iPhone & Moleskine

moleskineエントリーシリーズ

iPhoneMoleskineを組み合わせというのは、道具として非常にバランスが良い。
デジタルとアナログの互いの部分を補って、妙にしっくりくるのである。

iPhoneのカレンダーは、Googleカレンダーと連携させることができる。
iPhoneでは、こういった今後の予定を管理する部分でとても役に立つ。
つまりPCで入力したカレンダーの予定がそのままiPhoneのカレンダーに同期することができるので、外出先でも同様に確認することができる。逆にiPhoneで入力したものは、そのままGoogleカレンダーに反映する。
普段は、このカレンダーを家族や仕事仲間で共有して、互いの予定をiPhoneで確認し合って自分の予定を入力するという使い方をしている。

続きは以下をどうぞ

Continue reading

  • Comments (Close): 0
  • TrackBack (Close): 0

moleskine portfolio

  • Posted by: タカヤ
  • 2009年5月29日 11:22
  • Moleskine

moleskine portfolio

moleskineエントリーシリーズ

書類などを持ち歩く際、あなたはカバンの中にポンと入れてしまう派ですか?

今日はまだ発表されて間もないmoleskineの新製品FOLIOシリーズのレビュー
まだWEB上ではほとんどレビューは少数だと思うので、このエントリーがお役に立てたら嬉しい。

ポートフォリオとは、本来は「紙挟み」や建築家の作品ファイルの意味。
フォリオというのは、サイズで横 8 2/1 inch、縦 13 inch。本来は製本用語で、全紙サイズの紙を2回折って4ページになるように作った本のこと(たぶん)。

最近、書類持ち歩き用のアイテムをいろいろ探していた。
ポスタルコのドキュメントフォルダーもいいなと思ってたんだけど、何分料金が高い・・・
色々悩んだ挙句、ポケットの数と料金の安さからmoleskineの新製品folioシリーズから「A4 Portfolio」を選んでみた(買ったときは2662円だったんだけど、今書いてる最中でAmazonで見てみたら3254円!この辺の円相場に影響を受けるのがモレスキナー達の醍醐味ですね)。
続きは以下をどうぞ

Continue reading

  • Comments (Close): 2
  • TrackBack (Close): 0

ディトゥアもしくはテイトウワ

tulip2

moleskineエントリーシリーズ

毎年、世界中の都市で開催されているMoleskineのエキシビジョン"Detour(ディトゥア)"というものがある。50人のアーティスト、ライター、デザイナー、イラストレーターによる様々なMoleskineを展示するエキシビジョンである。ロンドン、ニューヨーク、パリ、ベルリンについで、今年はイスタンブールで5/22から開催されている(ちなみに今年の秋にはついに東京に上陸します)。

■期間 : 2009年5月22日 - 6月21日
■会場:santralistanbul(サントライスタンブル)

Continue reading

  • Comments (Close): 0
  • TrackBack (Close): 0

moleskine in the woods

forest1

moleskineエントリーシリーズ

札幌の5月~6月は本当に好きな季節だ。
今日の札幌はかなり天気が良かったので、午前中朝早くから昼まで森の中で過ごした。

iPhoneのスピーカーで古いボーカルジャズを聴きながら、森の中でMoleskineと時間を共にするというのは、リラックスできる時間の一つだ。木漏れ日に照らされながら、外で音楽を聴いて過ごしていると、紅の豚のワンシーンで、主人公ポルコが島で暑い日差しの中ラジオを聴いているシーンを思い出す。

Continue reading

  • Comments (Close): 2
  • TrackBack (Close): 0

moleskineとGTD

  • Posted by: タカヤ
  • 2009年5月13日 19:34
  • Moleskine

gtd memo

moleskineエントリーシリーズ

GTDに関するメモ。
GTDというのは、日々大量に重なっていくtodoなどを、効率よくさばく技術と考えるとわかりやすいかも。興味のある方はこちらを参照すると良いと思います。

最近ワークフローを、簡易なGTDだがmoleskineでこなしてる。
おかげさまで激しくページを消費してるのだが、基本恐ろしいほど忘れっぽいので、思い出す手間が省かれて、タカヤ的にはピッタリな感じ。"Remember The Milk"牛乳を買ってくるといったレベルまで書かれているので、まさしくmoleskineがアナログなPDAになります。

  • Comments (Close): 0
  • TrackBack (Close): 0

moleskinerieはモレスキネリエとは読まない

moleskine tower

タカヤは世界中で愛用されているノートブックmoleskineのファンである。
晴れた日は公園でメモを取り、雨の日は傘として使い、風邪を引いたときはちぎって鼻をかむくらい愛用している。(Moleskineがどんなものかピンとこない人はこちらの写真の数々を見ると面白いかもしれない)

数年前からMixiのコミュニティを中心にmoleskine専用のカレンダーをデザインして配布していたのだが、なんとmoleskineのオフィシャルファンサイト"moleskinerie"(英語版はこちら)からの掲載依頼を頂き、取り上げていただくという非常に嬉しいことがあった。

moleskinerie モレスキナリー: モレスキンのためのデザインカレンダー
http://www.moleskinerie.jp/2009/05/post-0a40.html

moleskineの一ファンとして、本当に嬉しいことだったので報告。おかげさまでこのブログは連日スゴイ人数の方が見ていただけているようです。ということで、ここ数日はMole関連の話題などをいくつかエントリー予定。

ちなみに先ほど、何冊のモレスキンを縦に重ねることができるのかチャレンジした。
結果は写真の5冊である。今のところ世界一かな?この記録を塗りかえれる世界中の方、お待ちしております(If u can update the record of this tower , Trackback please !)。

---
5/31追記
なんと、Moleskine積み上げトライアルが、Moleskinerie YOKOさん命名にて" Moleskine Tower Trial"として掲載されました!
http://www.moleskinerie.jp/2009/05/post-d2f1.html
----
Moleskinerie.comにも紹介いただきました!世界デビューだ!
http://www.moleskinerie.com/2009/06/challenge-the-moleskine-tower.html

ぜひ記録更新された方は、Moleskinerieかこのエントリー宛までトラックバックや、メールでの連絡などを頂けると嬉しいです☆

  • Comments (Close): 5
  • TrackBack (Close): 0

カバーンノ ナカミハ ナンデスカー

contents

iPhoneに変えてから普段持ち歩くカバンの中身がかなりすっきりしてきた。
2006年6月に書いたカバンの中身と比べると、持ち物がかなりシンプルになった気がする。

2006年以来煙草を吸わなくなったことがまず一つ、次に電卓も携帯電話も無線LANもiPodも(必要であれば分度器も・・・)iPhoneに統一されたのが大きいかも。財布は、スーツのときにポケットに入れる際にかさ張らないものが必要で、札とカードが数枚入るようなコンパクトなものに切り替えたのですっきり。
自分では意識していなかったのだが、こうやって並べてみると黒か銀色で統一されているのが驚いた。つまり身に着けて歩くものは、無意識に黒か銀色をチョイスしていたらしい。

  • Comments (Close): 4
  • TrackBack (Close): 0

いろんなところに出没してます

  • Posted by: タカヤ
  • 2009年4月13日 23:05
  • Moleskine

work

最近の作業場にて、某スペースをお借りしております。ここ、iMacも無線LANも広々としたテーブルも利用し放題なのでほんと助かります。駐車場も無料。
あー、最近遅い時間まで起きていられないので、そろそろ寝ます。おやすみなさい。

  • Comments (Close): 2
  • TrackBack (Close): 0

ひとつ手に入れたら、ひとつ捨てよう

  • Posted by: タカヤ
  • 2009年2月 8日 03:20
  • Moleskine

ゼロハリ

自分が望むものは、他人に与えることによってしか、手に入れることができない
最近外出先で、外国の人が書いた「習字」を見ていたんだが、その中に書かれていた言葉。
誰の言葉なんだろうとかは実はどうでもよくて、この外国の人が「習字で日本語で書いた」ということがカッコよいなーと思った。
こういったモノ系格言は好きだ。興味があることは自然と目にとまる。

モノと生活は密接に絡んでいる。
たとえば、あなたが高い場所に上って、その街の「屋根」をカウントしてみてください。おそらくその街には、あなたがカウントした数と同じか、それよりも多く「結婚」が存在します。「窓」をカウントすれば、その街にはあなたがカウントした数と同じか、それよりも多く「生活」が存在します。

自分とモノの付き合い方というのは、昔から自分にとって割と深刻なテーマである。
その昔、自分が守っていたシンプルルールは、「自分より大きなものは持たない」といったルール。まぁそれが今では、「車を保有」し、「部屋を賃貸」で借りているので、守れていない。なかなか難しい。ほんとは、トランクひとつで生きていけたらよいなーと考えている(既婚者がこういうこと言うとマズイのかな?笑)。

トランクの中に何を詰め込もう?と考えるのはなかなか楽しい。
お気に入りの文庫本、Moleskine、筆記具、着替え2日分、歯ブラシ、iPod、財布、カメラ・・・こんな感じかな・・・ありゃトランクひとつ分もいらないかも。
で、ひとつ手に入れたら、ひとつ捨てるというシンプルなルールで暮らすのである。シンプルに暮らせるというのはカッコいい!Live simplyってヤツです。

Continue reading

  • Comments (Close): 10
  • TrackBack (Close): 0

マスキングテープのいろいろ可能性について考える

masking tape

封筒に使うためのデザインを考え中。
最近、本屋でネタ収集をしていたときに出会った本で、その名も「マスキングテープの本」というのがあり、なかなか紙に対するデザインとして感銘を受けた。
そこで、前回エントリーした写真にも載っているマスキングテープを早速買ってきて、いろんな紙に貼り付けて研究している。たかがマスキングテープ、されどマスキングテープ、これがまた面白い。

マスキングテープというのは、本来塗装で使われるもので、たとえばペンキを塗ったときに、色をつけたくない部分をコーティングするときなどの用途で使われる。実に現場風味の道具なのだが、その貼ってもはがせるといった特性や、半透明で下が透けて見えること手でちぎって気軽に使える即効性に目をつけ、工夫次第ではいろいろ使い道がある。

Continue reading

  • Comments (Close): 4
  • TrackBack (Close): 0

Pen 2/1号 ぬくもりの○○○

  • Posted by: タカヤ
  • 2009年1月19日 01:12
  • Moleskine

pen 2/1

ぬくもりの○○○と書いてみましたが、別にエロスな話ではありません。
好きな雑誌の一つ"pen"の特集のお話です。この雑誌は昔からファンでちょくちょく手に入れている。
 2/1号で文房具特集!Moleskine紹介ページも在り、Moleskine geekとしては外せない一冊だった。オフィスで使う仕事道具を探している方はぜひ参照してみてほしい。きっとよい発見があると思う。
※今気がつきましたが、Moleskineのアーティスト紹介ページが更新されてました

ステーショナリーの特集雑誌として非常にビジュアル重視のレイアウトが美しい。全体的な写真の見せ方が、文房具としての写真の撮り方ではなく、デザイン雑貨として魅せるといったところに視点が置かれており、かなりガツンときた。特集冒頭から数ページにわたり続くPLYWOOD調デスクにならぶステーショナリー群は、かなり息を呑むほど美しいカラーリング、素晴らしい。

Continue reading

  • Comments (Close): 2
  • TrackBack (Close): 0

scribble

  • Posted by: タカヤ
  • 2009年1月 2日 01:45
  • Art | Moleskine

scribble

本日は、最近タカヤが電話中に無意識に描いた落書き(scribble)の特集です。
ここで注目すべき点は、電話をしながら、その「話の内容をメモしているワケではない」ことです。よく電話で話しているときに、意味なくグルグルを描いていたりといったジャンルのモノです。
なぜこんなモノを描いたのか「そのときの思考」を考えながら見ると面白いかもしれません。デザインやアートをやっている方なら興味ある人もいると思いますのでアップしておきます。
※今気がつきましたが、MUSICのことMUGICって書いてる・・・まぁ音楽はMAGICというコトでよろしくお願いします。追記:あ、まだあった・・・sistem distruction = system Destruction(システム破壊)、いったいどういった意味で書いているのかさっぱりわかりません。

P.S あけましておめでとうございます

Continue reading

  • Comments (Close): 0
  • TrackBack (Close): 0

2009年度カレンダー配布中

mole_poke_calendar

Moleskineで使うことを想定した小さなブックレット型のカレンダーを配布しています。

昔なつかしの山折、谷折を繰り返すことにより、小さなパンフレットみたいな小冊子風なカレンダーになります。A4用紙を8つ折りして、ちょうどMoleskineの背後のポケットに収めることを想定した小さな2009年度カレンダーとなっています。Moleskineを使っている人もそうでない人もご利用くださいませ。

表面が1月から6月、裏面が7月から12月となっています。
ひっくり返して印刷してリバーシブルでお使いください。
ノリは不要ですが、ノリノリで作成してください。

表面
http://www.blanq.org/briefcase/mole_poke_calendar.pdf

裏面
http://www.blanq.org/briefcase/mole_poke_calendar2.pdf

作り方は以下を参照してください。

Continue reading

  • Comments (Close): 4
  • TrackBack (Close): 0

2年間の思考タンク

  • Posted by: タカヤ
  • 2008年11月 7日 01:56
  • Moleskine

moleskine tower

久々にMoleskineネタ。
この写真に写ってるモレスキンで2年分くらいです。すさまじいほどメモを取ったり、考え事をまとめたりする機会が多いのです。日々高くなっていくモレスキンタワーに愛着を感じますねー。
くだらない考えごとや、些細な物事を記録してつみかさねた結果、こうして小さなノートがかすかな標高を伸ばしていくワケです。
さーて来年の手帳どうするかなー。っていっても、Moleskineに決まってるんだけどね・・・。ウィークリーのホリゾンタルか、デイリーで悩んでるワケです。
手帳でいうデイリーというのは一日1ページのモノ、ウィークリーのホリゾンタルというのは見開きで一週間(横型)といった形式のモノです。

毎年デイリーのMoleskineを日誌がてら愛用していまして、毎日日記というよりは、必ずその日考えた物事について1ページをびっしりと埋めることを日課とし、約2年間維持してきました。ここでの考え事は、たまにこのブログで出るネタにもなっている。
恥ずかしながら、昔から自分はデザインというより、アートの世界にかなり興味を持っていて、アートのアイディアとなるものを昔から書き綴っていたのだが、このMoleskineのノートに出会ってからはかなり毎日熱心に書くようになった(もちろんデザインのネタもいろいろ書いてます)。
Moleskineのノートたちは、そういった自分の「考え事」の集合体であり、いつか自分がアートの世界に足を踏み入れたならば最強の武器になると考えている。自分の蓄積された考えごとが、皆のモノの見方を変える日が来るかもしれない。Moleskineのノートにはそういったことを信じられる魅力があるのです。
(Moleskineの2009年度の手帳のサイトはこちら

そういえば、ぜんぜん関係ありませんが、最近きになること。
地面を限りなく掘っていくと、どの辺から逆さになるんですかね?。地球中心部を過ぎたあたりから突然逆さになるんでしょうか。それまで地面を掘っていたのが、突然頭上を掘る状態になるのかな?。気になる・・・

  • Comments (Close): 2
  • TrackBack (Close): 0

落書き系

  • Posted by: タカヤ
  • 2008年11月 6日 03:20
  • Moleskine
IMG_7628IMG_7631IMG_7502IMG_7643
  • Comments (Close): 2
  • TrackBack (Close): 0

Index of all entries

Moleskine Archive

Return to page top

AX